音楽を通して人生を豊かに。。
TSJ Sound
090-2745-9479

音の好みと再生機の実力について【音は好みが全てというのは本当なのか?】

さて今回は【音は好み】と【再生機としての実力】という事について深堀してみたいと思います。

この話は結論から言ってしまうと聴いている音源がデジタルなのかアナログなのかという違いに大きく起因しています。

アコースティックな(電気を使用しない)もの、例えば声や楽器は直接耳でその音を確認出来ます。

そしてそれが実際に耳で聴いた音とオーディオを通して聴こえてくる音がどれだけ一致しているか?ここが自然と聴きどころになっているはずです。

例えばいつも会話している人の声がオーディオ含めた電子機器(電話等も)を通して聴いたときに感じるのは違和感か自然に聴こえているのか、この二つのどちらかしかないはずです。

もし自然に聴いている音(人の声や楽器やその他の耳を通して聴いている音)についてオーディオ的な音の好みとして話をしようとするのであれば。。

・このバイオリンはもっと低音を絞ってスッキリさせて欲しいなぁ

・このバスドラムは低域がもっと多い方がインパクトがあっていいのになぁ

・生演奏のジャズを聴いていて、自分の好み的にはもっと解像度が高い方が良いなぁ

 

上記のような感想や感覚って基本的にはそもそも出てこないですよね?

この感覚をオーディオを通して聴いた時も違和感なく再生できるもの、つまりマイクで録った空気の振動がそのまま鼓膜に伝えられる力というのが【再生機としての実力】があるという事になります。

(ちなみに脳がその鼓膜の振動の情報を処理しているので将来的には直接脳にその情報を送れるものがオーディオ製品の代替えとして登場する可能性はありますね。)

 

アコースティック音源についてはその【実力】がしっかり備わった上でつまり全ての楽器や声等の音が自然に鳴るようになってからやっと【好み】の話が出来るようになります。

例えば打楽器の再現度が素晴らしいとか、弦楽器の再現度が素晴らしい等の話は聴いている人がどこをより重点を置いて聴きたいのかという【好み】の話ですよね。

 

一方でデジタルだとそもそも実際に耳で生音を聴くことが出来ない、つまり電子機器を通してでしか聴けないので音の正解(元の音)がそもそもない状態でスタートしています。

つまり元の音をいかに再現度高く再生するかという軸は一切ありません。

残されたのは【好み】の軸だけです。

 

(勿論作曲時に製作者の意図として全体のミックスやマスタリングは行われているのですが、それはリスナー側の環境でかなり変わってしまいますよね。

製作者の意図したバランスの音というのはあるのでそれは実際に制作した方の音響環境でしか体験できないものになってしまっています。)

 

好みであればみなさんもご存じの通りで、なんでもアリの世界です。

そうなってくると良くある「もうちょっとこの低音は抑えてスッキリ聴きたい」とか「もっとこの高音のボリュームを上げて聴きたい」等の感想が出てきます。

 

特に最近はデジタルのミックス、マスタリングで便利なツールが出てきているのでやたら全ての音の音圧が高いものもざらにありますからね。

そういった音源だと再生機としての実力があるもので鳴らすとかえってキツい音に感じて聴きづらいという感想に繋がってしまいます。

それであればオーディオ機器の方で積極的に音に介入して聴きやすくしてくれるもので聴いた方が良いという結果も必然的に生じてきます。

Rosenkranzはいつも再生機としての実力をいかに発揮するか?という点で製品開発、製作を行っていますので是非ご試聴の際はアコースティック音源でその出音を確認してみて下さい。

(特に開発者のKaiser Sound ブログにて電気がきれいな頃の録音という素晴らしい音源がアップされていますので是非聴いてみて下さい。)

素晴らしい録音、演奏の感動をそのまま届けてくれるので【再生機の実力】というものがご自身の耳でしっかり体験して頂けるかと思います!

特に9月頃発売になるRK-Silver/BSはRosenkranzのエントリーモデルとして恥じない【再生機としての実力】を持った製品になりますので是非ご注目ください!

LINEで送る
Pocket