音楽を通して人生を豊かに

おすすめメタルバンド紹介その1【Threat Signal】

最近でこそ古い年代の音源からジャンルから色々聴くようになってきましたが

元々はデスメタル系をかなり聴いてきました。

そこで好きなメタル系(主にメタルコア/デスメタルのテクニカル系)のバンドを

ご紹介していきます。

 

日本ではメタラーの数自体が少ないですよね。

私も基本はネットで良さげなものをひたすら探していました。

少しでもみなさんの良いメタルバンドとの出会いとなれば幸いです。

 

第一回目はそれこそメタルを聴き始めた高校生だった15年位前からずっと聴いているバンド

【Threat Signal】をご紹介します。

カナダのメロデス系のバンドで上記の1st「Under Reprisal」

人生で一番良く聴いているアルバムの一つです。

この「Under Reprisal」はテクニカルな演奏、気合が入ったクリーンパート、

アルバム通しての展開など、全てのバランスが素晴らしく今でもずっと聴いています。

カナダはテクニカルなバンドが多いのですが「Under Reprisal」はテクニカルさは

あくまでも土台として叙情的な聴かせるギターのメロディが

聴き応えだけでなく聴き心地の良さにも繋がっています。

このアルバムは基本的にギターのリフとベース、バスドラムが

シンクロしてリズムを刻んでいくので

とてもタイトでカッコよい印象です。

またアルバム展開も初めのアグレッシブさから叙情的なフレーズが中盤に多くなり、

そこからまた入れ替わるようにアグレッシブな曲が展開していくので

常に予想が出来ないハラハラする感じが素晴らしいです!

タイトでキレがあるサウンドが好きな方にはたまらないアルバムかと思います!

 

メタルを聴き始めたばかりという方や、全くメタルを聴いていないという方でしたら4作目の「Disconnect」がおススメです。

メタルあるあるでどのアルバムもテイストが少し違ってくるのですが、この「Disconnect」は

良い意味で万人受けするような方向へシフトしています。

個人的には初期のアグレッシブさと叙情的なコントラストが薄くなってしまったので

聴き応えという部分で少し寂しい感じはあります。

ですが特に一曲目の「Elimination Process」はキラーチューンなので是非一度聴いてみて下さい!

 

ちなみにRosenkranz製品はメタルとの相性はもちろん機種によりますがイチ押しです。

特にスピード感とパワフルさを兼ね備えたRK-Silver/RS

もしくは圧倒的な音圧のRK-Silver1がメタルとの相性は抜群です!

 

またRosenkranzのケーブルも正確なレスポンスなのでメタルを聴くなら間違いなしです!

特にGRBシリーズはその骨太なサウンドがピッタリなので

メタラーでイヤホン好きな方は是非お試しください!

LINEで送る
Pocket