音楽を通して人生を豊かに

iPhoneの音楽プレイヤーとしての音の実力はいかに!?【隠れた名機】

さてポータブルオーディオ界ではDAP(デジタルオーディオプレイヤー)を使用するのが

一般的になっていますが世間一般ではストリーミングの音楽サービスを手軽に利用できる

スマホを使用する事が一般的になっています。

 

実際私も過去色々な機器を使用してきましたが現在はiPhone Xに

Rosenkranzの政振ステッカーを装着したものが利便性、

音の面でも妥協なく両立出来ているのでメイン機として使用しております。

 

・iPhoneにたどり着くまでの経緯

私は10年以上前には音質第一主義でプレイヤー、DAC、AMPを

それぞれケーブルで接続する「3段重ね」をやっていました。

(iPod/HP-P1/PortaTube+の組み合わせでした。)

 

その後は利便性と音の両立という事でDAPもAK100から使用し始め、

Lotoo PAW GOLD(当時の価格は25万程でした。)などを使用しておりました。

 

その後カイザーサウンドの貝崎氏が自身のiPhone6sにRosenkranzの政振ステッカーである

Rose Vibration、Music Hammer等を装着した状態のものを聴かせて頂いた時に

iPhoneでもなんの不満もなく音楽を聴けるのか!?と衝撃を受けました。

 

ですがその時私は政振ステッカー、加速度組立を施したPAW GOLDを使用しており、

iPhoneに移行しようとは思っておりませんでした。

ですがこの時同じ音源でPAW GOLDと比較していたら結果は変わっていたかもしれません。。

 

その後およそ2年前の自分のiPhoneを8PLUSに変更した際に、一度は音を確認してみるかと

Lightning変換を使用してYoutubeで知っている音源で確認してみました。

その時音は全くと言っていいほど期待はしていませんでした。。

ですが以前感じていたパワー不足感がなく、むしろ持て余す位な印象でした。

これは政振ステッカーを装着すると化けるという予感があり、実際に試したところ

一気に音が生き生きとなり始めたのです。

音の立ち上がりが正確、余韻も正確、音楽の抑揚も出て来て文句なしのレベルでした。

PAW GOLDと利便性、音質などあらゆる面を比較した際に

ハッキリと私の中でiPhoneに軍配が上がったのです。

 

・iPhoneの音質について

元々iPodを製作していた経緯もあるかと思いますが、まとまりが良い自然なサウンドで

誰が聴いても不自然さが出ないような音作りが好印象です。

そこにRosenkranzの政振ステッカーが音楽の抑揚をより引き出す形で作用するので

本当にiPhoneで十分どころかこれが良い!と言えるレベルに化けてしまいます。

 

貝崎氏のiPhoneもそうですが、私のiPhoneも今まで試して頂いた方は

口を揃えて【iPhoneの音ではない】とご感想頂きます。

 

特にストリーミングの音源でも、お持ちのDAPとCDからリッピングした同じ音源で

比較してもらった方の中にはわざわざiPhoneに乗り換え政振ステッカーを貼って下さいと

おっしゃる方もいらっしゃるほどです。

政振ステッカーを装着したものを比較なしで聴いても結局は

「iPhoneにしては良いな」で止まってしまうのですが、

同じ音源でDAPと比較してしまうとその実力に気付いてしまうのです。。

そう、正に誰もが知っている機種であるのですが比較対象にもならない隠れた名機なんです。

 

もちろんパワーなどはDAPの方があるなど、各パラメータで見ると全てが勝る訳ではないのですが

それでも音の始まりから終わりまでの正確さという点を重視される方にとって

このサウンドは決して無視出来るものではないでしょう。

 

気になる方は是非お問い合わせください。

e☆イヤホン秋葉原店でも私が店頭にいる時にiPhoneの比較をして頂けますし、

政振ステッカーもお試し頂けます!

 

カイザーサウンド貝崎氏のiPhoneの情報はこちら

LINEで送る
Pocket