音楽を通して人生を豊かに

おすすめメタルバンド紹介その3【Aborted】

今回はどのアルバムも一通り聴いている大好きなベルギーのデスメタル【Aborted】のご紹介です。

最初にAbortedのアルバムで購入したのがこの7作目の「Global Flatline」でした。

正直購入した当初はまだクリーンパートがないと聴きづらい時期

(ボーカルがメインで楽器はその次という意識でした。)

だったのであまり聴いていなかったのですが

何度か聴いているうちにデスメタルはボーカル、ギター、ベース、ドラムの息の揃った演奏が

聴き所だと自然に捉えられるようになってから

このアルバムをずっと気に入り、今でもリピートしてます。

 

Abortedらしい不気味なSEからスタートし、そこから疾走していくナンバーが続きます。

このバンドはミドルテンポの使い方が個人的に非常に好みで、

ダレる事無く疾走パートへと自然と繋がっていく流れがアルバム通して感じられます。

またグラインドコア的な勢いもアクセントになっており個人的にGoodです。

 

この「The Origin Of Disease」はいつ聴いても名曲ですね。

演奏だけでなく、アルバムという10数曲を一つの作品として作り上げる事に

非常に長けているバンドだなぁと聴く度に感じます。

 

他にも個人的におススメなアルバムは

8作目となる「The Necrotic Manifesto」です。

前作の「Global Flatline」よりもカッチリしたテクニカルな演奏が詰まった緻密なアルバムですね。

聴き所という点ではこちらのアルバムの方があって全編通して目が離せない展開が続きます!

「Global Flatline」と同じくらいの頻度で良く聴いてるのでおススメです!

上記二つのアルバムは年中ヘビーローテーションです。

どんなコンディションでも聴きたくなるんですよね。

 

また2003年の3作目となる「Goremageddon: The Saw and the Carnage Done」

こちらも聴いてます。

音は軽めなのですが、その分キレ、スピード感が前面に押し出されたサウンドメイクで

デスラッシュ風味なギターリフとブラストビートの疾走感を

感じたい時は良くチョイスして聴いてます。

 

結成から20年以上経った今でもこの手のジャンルで継続しているのは凄いですよね。

また2013年のライブも初来日で見てきたのですが、CDよりも速く演奏してました。

実力がないと出来ないジャンルだろうなぁと何となく思っていたのが確信に変わった瞬間でした。

 

メタルコア、デスコアからもう一段階アグレッシブな階段を上りたい方にはピッタリなバンドです!

是非一度聴いてみて下さい!

 

【Aborted】が気に入った方は【Decapitated】もおススメです!

LINEで送る
Pocket