音楽を通して人生を豊かに

イヤーピースの選ぶポイントについて【音質調整役として非常におススメ!】

今回は音質調整役としてのイヤーピースについてのお話です。

イヤホンを自分の好みのものをゲットした後にする事と言えば

そう!イヤーピースの交換です。

イヤーピース交換?何のことかわからないという方は必読です!

イヤーピースは自分に合ったサイズやフィット感を合わせるのはもちろんの事、

個人的には音質調整としての非常に大切な役割を持っていると感じています。

 

まだ純正の付属以外試したことがないという方は是非お付き合い頂ければと思います!

 

イヤホン通は好きなイヤホンに合うイヤピースを

純正から他社の物含めて色々試していたりします。

一見すると面倒な事に見えるかもしれませんがその理由はシンプルです。

 

なぜならイヤーピースの交換は手っ取り早く、かつ安価にしかも音に対する効果も大きいのです。

つまりお気に入りのイヤホンの性能を更に引き出す為に必要な事なのです!

リケーブルやDAPやアンプを導入するよりも先に実行しましょう。

他社のものは試したことがないという方は是非一度試されることをおススメします!

 

ちなみにe☆イヤホンさんなら片っ端から試せます!

さらにイヤホンはイヤーピースを取り付ける径が統一されてない為

そこも実際に試してハマるかどうか確認するのが一番です。

店員さんに色々相談出来るので実際に一度行ってしまうのがおススメですよ!

 

 

次に選ぶ際に気を付けたいのがイヤーピースの素材の違いによる音の違いです。

一般的に普及しているシリコンタイプは価格も手頃で耐久性も良く、

個人的にもいろんな方におススメです。

特にアコースティック系を良く聴く方はシリコンタイプの中でも

個人的に一番気に入っているJVC スパイラルドットがおススメです!

音の立ち上がりから余韻の表現力まで今までいくつも比較してきた中で

一番正確だと感じています。

逆に音源や再生環境の特性がそのまま再生されてしまうので

音圧がバリバリに盛られていたり、機器がキツイ特性の物だとそのまま

出て来てしまうので聴きづらさを感じてしまう点があるので注意が必要です。

 

またアコースティックもそうじゃないの物も雑多に聴くという方は

Spinfit CP100がおススメです。

イヤーピースはドライバーから放たれた音に最後の部分で干渉します。

そのため良くも悪くも音に対する影響力が大きいのですが、

このCP100は他のものと比較してその影響力を感じにくく、ピュアなサウンドです。

変な癖がないので色んな方におススメしやすいですね!

 

また最新のPOPSやロックを楽しく聴くのであれば

final Eタイプがおススメ!

軸の溝加工で音に勢いがつくので

音楽を元気よく聴きたいのであれば良い選択肢になるかと思います!

 

フォームタイプについては耳の形に沿って形状が変化してくれるので

総じて遮音性が高いものが多いです。

コンプライクリスタルチップスが代表的ですね。

周りが騒がしい所であれば活躍してくれる事間違いなし。

音については特に余韻のデリケートな振動が吸われてしまう印象です。

これは聴く曲や再生環境がキツイものだと逆にメリットになります。

聴きにくいものを聴きやすくしてくれる効果があるので

特に現代の流行曲を聴く場合にはおススメです!

また音がキツイ機種との組み合わせも適度に吸収してれるので

聴きやすく感じられるかと!

特にシリコンタイプの音がどれもキツイ印象があるなら是非一度試してみて下さい。

 

またsymbioのようにシリコンにフォームが組み合わされたもの等もあり、

丁度中間のような特性を持っています。

シリコンとフォームの中間が欲しい場合にはドンピシャになるかと思います!

 

他にもe☆イヤホン時代にそれぞれのイヤピの特徴をまとめた記事があるので

そちらも是非参考にしてみて下さい!

・まとめ

イヤーピースを変える事は確かにDAPやアンプを導入したり、

リケーブルをするよりも見た目的には地味になってしまいますが

効果としては他のものと同等、それ以上の結果も十分に得られるかと思いますので

是非色々な製品を試してその違いを楽しんでみて下さい!

LINEで送る
Pocket