音楽を通して人生を豊かに

Apple付属のイヤホンEarPodsに音響核を装着【Rosen Circle/Chrome】

今回はオープンエアー型のイヤホン好きの方に是非見て頂きたい内容となっています。

愛機を更に音質追求できるかもしれません!

 

常連のお客様からEarPodsに手元にある音響核を取り付けてみたいとの事で

「Rosen Circle/Chrome」を装着してみました。

前に自前のfinal E2000に音響核を試してみたときに重厚感は良い変化として感じられたのですが

逆にE2000の軽快な印象が失われてしまいました。

安くても良い塩梅の物はその軽さが武器になっていて、

それを邪魔してしまうと良い結果は得られないものだと感じていました。

 

今回もその記憶があったのでどうかなと思っていたのですが、

EarPodsには重厚感が他を邪魔せずに良い感じに付与されて中々に良い結果でした。

 

前回とどこが違うのか分析してみると

一般的にオープンエアー型のイヤホンは音の立ち上がりは正確ながら、

音の後半部分、余韻の表現がすぐに収束してしまうものが多いです。

EarPodsはそこもオープンエアーの中では良いバランスながらもやはり物足りないのは事実です。

また本体もケーブルも白なので素っ気ない印象もあります。

そこにカイザー寸法の音響核が加わる事で余韻の部分や素っ気ない部分も

改善がみられたように思えます。

本当に音の世界は深いですね。

このような機会に出会えて感謝です!

 

オープンエアーだと選択肢も少ない上に、

リケーブル出来る製品もごくわずかです。

それでも音が好きで更にチューニングしてみたいとい方は

是非一度Rosenkranzの音響核をお試し下さい!

 

音響核についての詳しい情報はこちらをご覧ください

 

開発者貝崎氏の音響核の情報はこちらから

 

お問い合わせはこちらから

LINEで送る
Pocket