音楽を通して人生を豊かに

Rosenkranz Kaiser Shellの使用例【iPhone11/iPhone12mini】

Rosenkranzの新しい政振ステッカーとなる「Kaiser Shell」が発売されると

すぐさま常連様から貼ってほしいとご依頼頂きました。

 

今回はiPhoneに装着した様子をご紹介します。

スマホでサブスクの音をより良く聴きたいという方は是非参考にしてみて下さい。

 

iPhone11には今までのパターンに追加で「Kaiser Shell」を装着しました。

これだけ貼るとかなり政振ステッカーの影響を感じる音の鳴り方になります。

もちろん貼れば貼るほど良いという訳でもないので

そこはしっかり音を聴きながら調整するのが一番重要です。

 

一つ一つ貼っていく度にどこが変わっているか?という部分的な視点と

その部分が全体にどう影響しているのか?という全体からの視点が必要です。

これは他の事にも言えるかと思いますが、全体の最適化の為の部分の最適化が重要です。

 

この順番を間違えてしまうと

部分の変化ばかりに気を取られてしまい

それこそ何を求めているのかという本来の目的が見えなくなってしまいます。

それは機器を買い替え続ける事にも繋がっていってしまいます。

もちろんそこが醍醐味だ!と望んでいる場合は良いのですが、

音楽がメインであくまでも機器は手段という認識であればこのバランス感覚は大切にしたいですね。

 

iPhone12miniにはワイヤレス充電、MagSafeの機能を残しつつ

政振ステッカーで音質改善を図るという事でいつものパターンとは違う貼り方になりました。

「Kaiser Shell」のみで振動の流れを作っていきました。

音の変化は当然ながら「Kaiser Shell」の一気に音を放出する効果と

曲線のまとまりがあるサウンドが音楽全体の抑揚をうまく引き出す形となりました。

 

特にメタル等の激しい曲でも音の頭がハッキリ見えるようになり、

また余韻もしっかり感じられるようになりました。

一言で言うならばCD音源がライブ音源になったようなそんな印象でした!

 

是非お手持ちのスマホの音をアップグレードさせる手段として

Rosenkranzの政振ステッカーをお試し下さい!

 

Rosenkranzの政振ステッカーについて詳しくはこちらをご覧ください。

 

製品のお求め、お問い合わせはこちらから

 

開発者貝崎氏による政振ステッカーの情報はこちらから

LINEで送る
Pocket