音楽を通して人生を豊かに

Rosenkranz 政振ステッカー使用例【Apple Macbook Air】

今回はApple Macbook AirへのRosenkranzの政振ステッカー使用例をご紹介します。

 

正直Macbook Airの音が良すぎてびっくりしたことを先にお伝えしておきます。

自分で次買うのもMacbookにしよう!と思ったほどの衝撃がありました!

 

今回はお客様の手持ちで余っていた政振ステッカーを使用して

背面をメインに貼り付けを実施しました。

それでは一つずつ見て行きましょう!

正面は「Triple Accel」をリンゴマークの横に一つ添えるだけのシンプルな形に。

 

背面は面積が大きいという事もあり、政振ステッカー全種が集いオールスター状態になりました。

「ローズバイブレーション」「Music Hammer」「Auto Rosen」

「Triple Accel」「Bluetooth chip」「Kaiser Shell」

流石にこれだけの政振ステッカーがそれぞれの機能を果たすとその音も一変します!

 

あとは側面に「Triple Accel」を装着してバランスを整えます。

ディスプレイとの接続部の側面にそれぞれ一つずつ。

USBポートの間にも一つ。

3.5mm出力の横に一つ。

 

最後にダメ押しでキーボード上に「Auto Rosen」を装着して完成!

 

ちなみに政振ステッカーを貼る前に音を確認すると、

そのままでも十分という位に素直で驚きました!

特にこの大きいボディからは想像できない位の

音の立ち上がりの正確性から来るキレが最大の特徴でした!

 

政振ステッカーを装着するとただでさえ良いのに更に生々しさが向上してしまいました!

立ち上がりだけでなく余韻や空間表現、パワーも十二分に引き出され、

もはや聴いている上でなんの不満もない状態になっていました!

これほどになると誰しもがPC直刺しで聴いているという事を忘れて

音楽に没頭してしまうでしょう。

 

ちなみに今回のケースだと総額だと31,020円(税込)ですが、

オーディオメインでない製品でここまでの音を出してしまっては

必要十分というレベルをとうに超えてしまっているので

正直やりすぎ!と感じてしまいますね。

 

もちろん外付けのDACアンプを使用してパワーを上げるという選択肢もありますが、

音の立ち上がりから余韻までの正確な表現はパワーだけの問題ではありません。

音楽の生々しさを味わいたいという方はむしろ政振ステッカーをおススメします!

 

とにかくMacbookで音楽を良く聴くという方は是非一度お試し下さい!

音楽を聴くのがより楽しくなりますよ!

 

もちろん他のデバイスにも装着可能なのでPCから音源を再生するという方は

ご予算に合わせて調整も可能ですので是非一度お試し下さい!

 

 

 

Rosenkranzの政振ステッカーについて詳しくはこちらをご覧ください。

 

製品のお求め、お問い合わせはこちらから

 

開発者貝崎氏による政振ステッカーの情報はこちらから

LINEで送る
Pocket