音楽を通して人生を豊かに

Rosenkranz政振ステッカーの使用例【Apple iPad Pro スペースグレイ 第3世代】

前回のiPad Pro 第4世代の記事を見て是非iPad Proを一緒に中古ショップに見に行ってほしい!

更にRosenkranzの政振ステッカーを装着してほしい!との事で中古のiPadを見に行ってきました。

 

運良く良さげな個体を見つけたのでそちらを購入され、

その後e☆イヤホン秋葉原店へ向かいRosenkranzの政振ステッカーを装着しました!

 

先ずはステッカー装着前に通常の音を確認します。

iPad Pro 第3世代で以前の第4世代の物と比較すると

カメラがシンプルでよりすっきりしたデザインですね。

音は第4世代と比較するとより素直で立ち上がりから余韻まで綺麗に表現していました。

ただ第4世代のパワフルさ、ダイナミックな表現力も捨てがたいなと感じるところもあります。

 

それではステッカーを装着していきます。

「Kaiser Shell」を後程貼る事を想定して基本の部分を

「ローズバイブレーション」「Music Hammer」「Triple Accel」「Bluetooth chip」

を使用して装着していきました。

 

背面は「ローズバイブレーション」を2つ、「Music Hammer」を四隅に装着。

これだけで繊細な表現から一気に盛り上がるパートまでの

レンジを上手に表現できるようになります!

「Triple Accel」をリンゴマークの欠けている部分に装着。

この部分は全体の音の見通しが良くなってくるのでおススメです!

 

ボリューム側の側面は下部に「Bluetooth chip」とボリューム下に「Triple Accel」を装着。

反対側の側面にも下部に「Bluetooth chip」と上部に「Triple Accel」を装着します。

上部には「Triple Accel」を2つ。

下部にも同様に「Triple Accel」を2つ装着して一旦完了です。

 

最後は「Kaiser Shell」で背面の流れを作って完成予定となります。

その時が楽しみです。

 

※20210225追記。

iPad Pro

「Kaiser Shell」を4セット使用して振動の流れを作り完成です!

RK-Silver/PDとHP-Masterpieceの組み合わせで音を確認しましたが、

やはり「Kaiser Shell」を使用すると音の洗練度が一気に上がりますね!

もはや音楽を聴く上でそれぞれの機器の音は全く気にならないです。

 

Rosenkranzの政振ステッカーを装着後は元のバランスの良さだけでなく、

音の瞬発力から余韻、空間表現力も更に引き出され音楽だけに集中できるサウンドになります!

 

iPhoneと違いパワーも十二分にある上に

政振ステッカーで正しく引き出されるので

ハイエンドのヘッドホンでも極端に感度が低い、インピーダンスが高いものでなければ

問題なくドライブしてくれるかと思います!

 

第4世代、第3世代共にここまでの次元のサウンドであれば楽曲関係なしに

誰が聴いても文句がないというサウンドになっているかと思います。

 

それはハイエンドなDAPやアンプを使用されている方ほど実感されるかと思います。

 

どんなにそれらしい理論や測定データがあったとしてもオーディオは結局のところ

それを実際に聴いてどう感じるかが全てです。

結果が全てという潔い世界ですよね。

 

自信を持っておススメできる再生機なので是非一度お試し下さい!

気になるという方はお気軽にお問い合わせください!

 

製品のお求め、お問い合わせはこちらから

 

Rosenkranzの政振ステッカーについて詳しくはこちらをご覧ください。

 

開発者貝崎氏による政振ステッカーの情報はこちらから

LINEで送る
Pocket