音楽を通して人生を豊かに

Rosenkranz 政振ステッカーを装着したiPod touch第7世代の実力が凄い!!【Apple劇場最終章!?】

MacBookやiPadを最初に見つけてきた常連のお客様からの依頼で

iPod touchにRosenkranzの政振ステッカーを装着しました。

 

今回はタイトル通り、

最近のApple製品ラッシュの終わりを告げる結果となるかもしれません!

 

Appleは凄いなぁと感じていましたがiPod touchは完全にノーマークでした。

ですが改めて現行のiPod touchと対峙すると「これは!?」と

思わず反応せずにはいられませんでした!

 

依頼された方も音楽用途メインでは考えていなかったようなのですが、

素の音を聴いた瞬間にこれは化けるなという予感をお互いに感じていました。

 

iPod touchは現行でも背面がアルミで音が良く走ります!

また基本の音の頭から余韻までキッチリ出ていて、

派手さはないのですが非常に丁寧な印象を受けます。

 

背面には基本の「ローズバイブレーション」「Music Hammer」

アレンジで「Kaiser Shell」「Triple Accel」を装着。

 

正面にも貼れる場所があるのは嬉しいポイント。

「Auto Rosen」「Triple Accel」を上下に装着し、

音の広がりとまとまりを調整します。

 

Rosenkranzの政振ステッカーを装着後は一気に音が解放されました!

音が生き生きと蘇り、シルバーの色目もありますが非常に見通しが良く

細かい表現が素晴らしいですね!

 

音楽の感動をしっかり引き出しつつも、

キツい音源も抑える方向性ではないのに綺麗に聴こえるのは新しい感覚でした!

 

iPodはデジタル音源を持ち歩く始まりともなった音楽プレイヤーですが、

その血統は現行の第7世代にもしっかり受け継がれていました!

 

iPad Proのようにパワーや音の広がりに余裕があるという訳ではありませんが、

再生機の基本となる音の始まりから終わりまでの正確な描写や

フォーカスをきっちり合わせる力はApple製品の中でも随一です!

 

更にどこにでも持ち運べるという気軽さを考慮すると

一つは持っておきたい機種NO.1!は間違いないです!

と実感したわけですが、そもそもiPodは初めから音楽再生専用機ですもんね。。

 

運よく良い個体をe☆イヤホン秋葉原店にて発見、研究用に早速一台確保してみました。

 

濃い赤なのでボーカルやアコースティックギターの魅力が満載です。

素の音を楽しみつつ、その後政振ステッカーを装着していこうと思います。

 

こうなってくると他の世代のiPodも気になってきますね。。

 

とにかくAppleファンの方は現行のiPod touchは必聴です!

是非一度お試し下さい!

 

製品のお求め、お問い合わせはこちらから

 

Rosenkranzの政振ステッカーについて詳しくはこちらをご覧ください。

 

開発者貝崎氏による政振ステッカーの情報はこちらから

LINEで送る
Pocket