音楽を通して人生を豊かに

iPhoneを超えたプレイヤーiPod touch 第7世代の実力に迫る!!【Rosenkranzの政振ステッカー装着済み】

私のポータブルプレイヤーの歴史は中高生時代にMDプレイヤー使用し、

その後高校の後半からSONYの初代DAPとなるウォークマンを使用していました。

その後アンプを付けてみたり、3段重ねをする為にiPodを購入しDACやAMPを重ねていました。

DAPはAK100から始まりPAW Goldまで使用していました。

そして2018年にiPhone8Plusに機種変更してプレイヤーとして使用し始めました。

この時にiPhoneのポテンシャルの高さに驚愕しているのを今でも覚えています。

政振ステッカーを装着したiPhoneで高級DAPと同じ音源で比較するのは

今までのオーディオの概念を覆される危険行為だと身をもって体験しました。

 

上記の履歴は外出時に使用するので使い勝手と音のバランスを取っての選択となっていますが

初めにお伝えしてしまうと今回のiPod touchとの出会いは

そのどちらの項目も最高点となるプレイヤーとなりました!

普段愛用しているiPhone X(選別した個体)とも聴き比べをしましたが

素の状態のiPod touchの方がポテンシャルが半端なかったので

政振ステッカーをiPhoneからそのまま移植しました。

 

基本の「ローズバイブレーション」「Music Hammer」

背面にセットしただけであまり追加しようという気にならない程に

ただならぬ気配が漂っていました。

良いものは最小の数で決まるという経験からくる

感覚がしっかり反応していました。

 

安定感を出す為に「Auto Rosen」「Triple Accel」を一つだけ上部に追加しました。

 

前面にはホームボタンがあるので両サイドに「Kaiser Shell」を装着。

ここは一気に音の広がりに関わるポイントなので重要です。

また上部に「Triple Accel」を2つ装着して完了です。

 

装着後早速音を確認してみるとiPhoneXより

綺麗に音が流れているのは確実でした!

パワーの面でも本体とバッテリーサイズが小さいにも関わらず

iPod touchの方がややボリュームに余裕があります。

iPhoneよりシンプルな機能の為、音に力が使えている部分も関係していそうですね。

 

余りにも音の走りが良かったので

家でメインで使用しているSONYのPCDP【D-223】とも比較してみると

音のパワーや低音部の表現力は譲りますが

反応の良さはiPod touchが勝っている等、

ほぼ同じ次元のサウンドに驚きました!

 

3.5mmがそのまま使え、持ち運びしやすいサイズと軽さ、

そして圧倒的な音の実力はポータブルプレイヤーの

リファレンスに相応しいです!

 

唯一気になる点はバッテリーの容量が少ないという部分。

ですがそれも音の為だと思えば問題なしです。

ボディサイズにしてこれくらいのバッテリーの方が

重すぎずでちょうど良い音のバランスになりますね。

またバッテリーがなくなっても充電しながら使用できるのは

地味にうれしいポイントです。

 

DAPを探しているのであれば迷わずにiPod touch 第7世代をおススメします!

色はボーカルやアコギの生々しさが光るRed

中低域の表現力をフォローしてくれるスペースグレイ

上品な余韻や空間表現が良いゴールド

上記3色から選ぶのがおススメ!

 

製品のお求め、お問い合わせはこちらから

 

Rosenkranzの政振ステッカーについて詳しくはこちらをご覧ください。

 

開発者貝崎氏による政振ステッカーの情報はこちらから

LINEで送る
Pocket