Rosenkranzの音響核について【商品解説】

さて本日はRosenkranzが新しいオーディオジャンルとして発売した【音響核】をご紹介します!

Rosenkranzは今までも誰もチャレンジしてこなかった音の研究とその経験、更には全国の様々な状況下でのオーディオクリニックによる知見、また更にはAuto Rosenによる車のファインチューニングから得られたエネルギーの動きの研究など。。

これらの総合的なエネルギーの流れの研究、そこからどこをどう調整すると人の感性、つまり感動を引き出せるのか?をひたすら追いかけてきています。

 

そして今回は一般的にはケーブルの分岐部、スプリッターなどと呼ばれているパーツに着目しました。

ここが見た目だけでなく音に与える影響は計り知れないものがあると睨んだ貝崎氏はRK-Silver1に合わせるケーブルとして既にHigh Endシリーズとして八角形と長方形の音響核を開発していました。

ですがこの時のものはそれぞれHP-K’s Blood,HP-K’s Element専用の基本設計だったので後付けが出来なかったり、価格もそれぞれ5万と10万と高額なものでした。

 

その後他のケーブルにも後付け可能、手に取りやすい価格という事で真鍮にクロームメッキ、金メッキに形状を丸形、六角形、八角形と計6種類を開発しました。

 

素材の違いによる音の違いはポータルオーディオ界隈でもスタンダードな認識になってきましたが、この形状の違いによる音の違いを前面に出してグレード差をつけているのは見たことがないので、その違いを知るにも貴重な製品になっています!

一度この違いを体験してしまえば、様々なケーブルの分岐部、スプリッターの材質や形状が気になってしまう事でしょう。

そしてなぜRosenkranzがこのパーツを音響核と名付けたのか、その理由も感じて頂けるかと思います。

 

それでは一つずつ紹介していきます。

Rosen Circle/Chrome

・Rosen Circle/Chrome (税抜き¥9,000‐)

一番手ごろな丸形のクロームメッキタイプです。

装着後は一気に楽器やボーカルの実体感、リアルさが増し、良い意味で楽器本来が持ち合わせている重厚感が正しく表現されています。

丸形なので音全体のまとまりが良く、音源も気にせず使用できるのが良いですね。

手ごろですが個人的には現代のポップスやロック等はこの丸形クロームメッキがちょうど良いと感じます。

初めて音響核を試してみたいという方にもおすすめです!

Rosen Circle/Gold
・Rosen Circle/Gold (税抜き¥15,000‐)
同じ丸形でも金メッキはクロームよりも柔らかい金属という事と金の特性も相まって音の余韻の表現が素晴らしく、アコースティック音源やライブ音源等は空気感の再現力が格段にUPします。
組み合わせもありますがメタルだと余韻の柔らかさが出てきてしまう所もあります。
・Rosen Hexagon/Chrome (税抜き¥11,000‐)
6種類ある中で一番キレが良く、音の頭がはっきり見えてきます。
その分余韻の表現はあっさりしているのでテンポの速い曲などはキレ良く、よりスピード感を感じやすい印象です。
また丸形よりも角に向かってエネルギーが抜けていくので音の広がりを感じられます。
装着したときに一番違いが分かりやすいものだと思います。
今の眠い音に悩まれていたり、キレが良い方向に調整したい時に使用すると効果抜群だと思います!
・Rosen Hexagon/Gold (税抜き¥18,000‐)
六角形のキレは感じさせつつも金メッキの余韻の美しさも感じられるようになり絶妙なバランスのサウンドです。
特にアコースティックなものはメリハリを効かせたような鳴り方になり、新鮮な印象を受けます。
・Rosen Octagon/Chrome (税抜き¥13,000‐)
形状が八角形になったことで一気に音の展開が立体的になり臨場感あふれるサウンドに変貌します。
丸形のようなまとまりの良さ、六角形のキレの良さも持ち合わせ、更に余韻の表現の美しさも加わった贅沢なサウンドです。
一言で言ってしまえば生々しさや音楽の躍動感のレベルが一気に上がる印象です。
音源も選ばず現代の打ち込みメインの曲からアコースティックものまで幅広く対応する懐の深いサウンドです。
・Rosen Octagon/Gold (税抜き¥21,000‐)
八角形のサウンドステージと金メッキの美しく繊細な余韻の表現が相乗効果でとんでもないことになります。
特にアコースティックやライブなど録音が良いものは【次元が違う】と感じさせるほどの表現力を備えています。
あるがままのサウンドでオーディオの特性云々ではなく、自然体で音楽を楽しめるそんな雰囲気を醸し出していますね。

 

幅6.3mm以下、高さ4.4mm以下のケーブルであればRosenkranz製品以外に使用することも可能です。

取り付けるケーブルによって変化の度合いはまちまちですが、効果はしっかり感じられます。

 

ネジ一本で固定するタイプですので是非お気軽にお問合せ、お試し頂ければと思います!

 

平日の夕方、週末はe☆イヤホン秋葉原店におりますので是非お声がけください。

Rosenkranz RK-Silver/BSについて【イヤホン解説】

本日は遂にデモ機第一号が完成したRosenkranzイヤホンの入門モデル(税別9万円)となるRK-Silver/BS(Basic Star)をご紹介します!

初めから結論を言ってしまうと【エントリーモデルという枠を超えた完成度】に仕上がっております!

入門モデルとは言え上位モデルと変わらずの銀で製造されているボディ、そしてドライバーもRS,PDと共通。

更に内部の振動処理の為の模様もBS用に施されていたりとエントリーモデルながらも手抜きは一切なしの至れり尽くせりな設計内容になっています。

設計についてもっと詳しく知りたいという方は開発者のKaiser Sound ブログをご覧ください!

(写真左からRK-Silver/PD,RS,BS)

先ず装着感ですが、このBSはシルバーイヤホンシリーズの中で一番小さいモデルになりますので耳へのおさまりがとても良いです。

銀の重さもあり、軽い故に少しの衝撃ですぐポジションが変わってしまうという事もなく個人的にはとても安定した良い塩梅の装着感ですね。

今まで小さくて軽いと装着感が良いとざっくり思っていたのが改めてこのBSを装着すると適度な質量が安定感に繋がると改めて感じました。

 

音質について

ボディが小柄、ショートホーンが無くボディにドライバーをダイレクトにマウントさせている事もあり、とても軽快で反応の良さが際立つサウンドです!

その音の頭が出て来る瞬発力は一瞬ですが今まで聴いてきた中で一番の応答速度を持っているRK-Silver/BAの顔がチラつくような鋭さで、このBSの一番の特徴となっています。

勿論音の立ち上がりの俊敏さだけでなく、特にアコースティック音源を聴けばわかりやすいのですが音の消え際のデリケートな振動まで見事な対応力を見せてくれます。

Rosenkranzのエントリーとして堂々たる再生機としての実力を備えています。

正に真のリファレンスであるRK-Silver/PDの血筋を受け継ぐサウンドです!

 

ただあくまでもエントリーモデルとしてという事なので、上位機と比較するとサウンドステージの広がりが少し寂しかったり、余韻の表現やグルーブ感などの表現力は落ちてしまっているのは間違いありません。

ですがその部分もあくまでも上位モデルと比較してという事なので、単体でこのRK-Silver/BSを聴いてそこが気になって音楽に集中できないという事はまずないです。

 

おススメのケーブル

このRK-Silver/BSと組み合わせるのであれば同じような特徴を持っているHP-196がおすすめです!

BSと同じように軽快さ、反応の良さを持った者同士なのでよりその特徴を存分に感じさせてくれます!

音響核はRosen Circle/Chromeを装着すると金属楽器の重厚感が出てきてより生々しい表現になり、かつ現在の様々な録音の楽曲への対応力も上がるのでイチ押しの組み合わせです!

 

・おススメのイヤーピース

おススメはRK-Silver/PDと同様ですが、

JVC スパイラルドット

アコースティック音源をメインで音源の情報全てを引き出そうとするのであればスパイラルドットの右に出るものはそうそういませんね。

ですがその全てをさらけ出すという特性はマイクで空気の振動を録っていないものだと逆に聴きづらくなってしまうので注意が必要です。

 

SpinFit CP100シリーズ

在庫がある限りになってきてるみたいですが、

直接マイクで空気の振動を録音していないデジタル音でも良い感じに丸めて聴かせてくれるCP100は優秀です!

ただその分アコースティック音源の空気を余すとこなく再現。という訳にはいきません。。

 

final Etype

迫力重視でチューニングするならEタイプはおススメです!

軸の部分に溝が切ってあるのですが、これが振動の道標となり鼓膜に音がたたきつけられる感覚の要因になっていますよね。

カラバリも豊富なので、ご自身に合う帯域バランスの色と軸の色を見つけてみると良いかと思います!

個人的には楽器のパワフルさとボーカルもはっきり聴きたい時の黒に赤/ピンク軸、周りの楽器は控えめであっさり聴きたい時のクリアに赤/ピンク軸がおススメです。

 

ただいま8月31日までにこちらのRK-Silver/BSをご予約頂きますと

【Rosen Circle/Chrome】をプレゼントするKaiser Sound40周年企画を実施中です!

お手持ちのケーブルにRosen Circle/Chromeを装着するも良し。

RK-Silver/BSと相性の良いHP-196を一緒に購入してRosen Circle/Chromeを装着するも良しとお得な内容になっています。

 

初めてRosenkranzのシルバーイヤホンを使用するにはうってつけのRK-Silver/BSに是非ご注目ください。

基本的に週末の土日はe☆イヤホン秋葉原店の7階におりますので、是非このBSをご試聴ください!

 

他にも気になる事がございましたらお気軽にお問い合わせください!


Rosenkranz HP-190シリーズについて【イヤホンケーブル解説】

今回はRosenkranzの新作のケーブルHP-190シリーズをご紹介します。

本題に入る前にRosenkranzの新作とはつまり代表である貝崎氏の40年以上の研究結果が集約されていますので、完成度がとてつもない次元になっています。

その度にRosenkranzの製品は進化と深化を繰り返していくのです。

 

名前の由来は1960年代前後の電気がきれいな環境で更に音楽の宝庫と言われる当時の演奏と録音技術の素晴らしさを、もっと多くの人達に知って貰いたいという想いから来ています。

更に末尾の数字はそれぞれの線材の太さを表しています。

HP-196=AWG26 HP-195=AWG25 HP-194=AWG24

 

それでは具体的にこの新しいリケーブルであるHP-190シリーズはどうすごいのか?という部分を見ていくとやはり基礎である部分が徹底的に設計された音の立ち上がりと余韻の表現力がずば抜けています。

 

シンプルな4芯構造なので音に関わる項数が少なくなります。

その為長さ調整、撚りピッチの調整等調整の結果がストレートに音に反映されます。

「電気の時間軸」と「振動の時間軸」の完成形を目指すべく製作されたこのHP-190シリーズのレスポンスの正確さは完璧です。

線材の太さが違うとタイミングが微妙にずれてきてしまうのでそれぞれ撚りピッチと1mm単位での長さの調整でこのレスポンスの正確さを実現しています!

 

ケーブルの配色もRosenkranzの音の基本配色である緑赤黒と白を使用しており、バランス良く、かつ懐の深い音色に仕上がっています。

 

基本的で重要な部分は共通で線材の太さでグレードが分かれています。

 

それでは一つずつ紹介していきます。

◎音質について

・HP-196

価格としては一番下のモデルで上位モデルと比較をしてしまうと音の線の細さは感じられますが、軽快さやテンポのキレの良さという点は上位のモデルよりも勝っているように感じられることもあります。

開発者の貝崎氏が言う通り、音響核のRosen Circle/Chromeとの組み合わせが私もおススメです。

細身ならではの軽快な表現力にプラスで音響核の楽器の重厚な響きやアタックの鋭さが付加されるのでオールマイティーなケーブルとなります。

更にはケーブルの取り回しも線が細く、4芯構造なのでRosenkranzのイヤホンケーブル中でもトップクラスに良いです!

 

Rosenkranzは音は良いけど取り回しの部分で敬遠していた方は是非このHP-196をお試しください!

Rosenkranzは基本的に音を第一で設計されており、この硬さでないと出ないサウンドを体験してしまえば多少の取り回しの悪さも気にならなくなってしまうでしょう。

 

 

・HP-195

ちょうど中間に位置するこのモデルは音質についても中間のバランスが取れたサウンドです。

音響核なしでもHP-196よりも芯が太いサウンドで物足りなさは全く感じさせず、ドラムのアタックのインパクトからシンバルの余韻まで綺麗に聴かせてくれます。

音響核を付けると更に楽器の生々しさが付与されるので良いですね。

個人的にはRosen Hexagon/Goldのキレの良さを持たせつつも余韻も綺麗に聴かせてくれるバランスが良くマッチすると感じますのでおススメです!

 

・HP-194

AWG24の太さなのでポータブルで使用するには難しい太さと硬さになりますが、その分音のスピード感とパワフルさはシリーズ随一の表現力です!

音響核なしの素の状態でもドラムの弾けるサウンドは一級品ですが、Rosen Octagon/Chromeを付けて聴くと生々しさと程よいタイトな感じもあり良くマッチしているのでおススメです!

アコースティック音源メインで聴かれる方は圧倒的な余韻の表現力を持っているRosen Octagon/Goldがイチ押しです!

キレの良さに特化させるという事であればRosen Hexagonも選択肢に入ってくるかと思います。

このように音響核の選択肢の幅も広がるのがHP-194の嬉しいけど悩ましいポイントですね!

 

また、どういう工夫が施されているか詳しく知りたい方はKaiser Sound ブログをチェックしてみてください!

 

開発者の貝崎氏はケーブルはオーディオの基礎基本!と普段お話しされていますが、実際にケーブルは様々なエネルギーを伝達する橋渡し役なので当然重要なのは間違いないですよね。

 

とにもかくにも先ずはこのHP-190シリーズの音を聴いてもらうとRosenkranzが何を目指しているのか認識してもらえますので是非一度ご試聴下さい!

※e☆イヤホン秋葉原店にて私が店頭に立つ週末であればご試聴頂けますのでお問い合わせください。

 

 

Rosenkranz RK-Silver/RSについて【イヤホン解説】

Rosenkranz4作目となるこのRK-Silver/RS(Reference Standard)は様々な音源や環境下でもRSの良さを感じられやすいので、初めてRosenkranzのイヤホンを聴くという場合には是非このRSから聴いてほしい!という個人的にはイチ押しの機種になっています。

本体のサイズがPDよりも少し小さくなっているので装着感も良くなっています。

ショートホーンは共通のモノを使用していますが、PDのように完璧な方向性管理という点よりもアタックやスピード感に重きを置かれて設計されています。

より詳細な設計や製作意図についてはKaiser Sound ブログにてご確認ください!

 

・音質について

肝心なサウンドですが正に設計通りで、簡潔にまとめるとスピード感とパワフルさが同居しているストレートでエネルギッシュなサウンドに仕上がっています!

楽器ではエレキギターやベースのサウンドが一品で、その表現力は上位モデルのPDよりも鳴らす環境による影響を受けにくいという点で秀でていると言えるでしょう。

 

Rosenkranzの基本理念は再生機器は黒子に徹するというものであり、実際にその理念通りのリファレンスサウンドを実現しているが故に周りの環境の影響をモロに受けてしまう為、電子音系(特に最近の曲など)ははっきりとその生い立ちが伝わってしまうんですよね。

ですがこのRSはその辺も上手に気になる細部は隠して鳴らしてくれるというのが最大の特徴です。

音源の良し悪しを気にせずに昔の曲から現代の電子音系も対応してくれるのが嬉しいポイントです。

 

・おススメのケーブル

相方となるケーブルは個人的にRSの傾向を生かすという点でHP-195で音響核はRosen Hexagon/Chromeをチョイスすると、かなりアグレッシブな組み合わせになるのでおススメです!

更に音の芯の太さが欲しいというのであればHP-194が良いですね。

写真はHP-194にRosen Octagon/Chromeを付けています。

この組み合わせで聴くデスメタルが最高です!

 

・おススメのイヤーピース

現在は終了してしまったスピンフィットのCP100を付けています。

他にもfinal Etypeの赤、ピンク軸のクリア等もRSの特性と合っていておススメです!

 

勿論Rosenkranzなので再生機器としての実力はしっかり備わっていますので、アナログの生々しさという点はこのRSでも一切ぶれていません!

アコースティック音源なども十二分に鳴らしてくれるのは一聴すればすぐに感じられます。

アタックやスピードに主眼を置きながらも、世界中の音楽を鳴らすというRosenkranzの基本理念は外さないからこそ、このRSの絶妙なバランスのサウンドが誕生したんですね。

 

ちなみに価格が近いRK-Silver1との違いですが、主なところでPDと共通のショートホーンを使用、ドライバーとホーンの受けである台座部分に工夫を凝らしているRSは音飛びが良く、レスポンスがより正確な為ハイスピードサウンドとなっています。

比較するとRK-Silver1はゆったりした、余裕のあるサウンドになっています。

 

とにかくまずはこのRK-Silver/RSが1番一般受けするサウンドに仕上がっているのは間違いないので是非一度ご試聴ください!

※2020年7月1日現在はまだe☆イヤホンさんにはデモ機がないので私が店頭にいる際にお声がけ頂ければと思います!

Twitterにてe☆イヤホン秋葉原店の店頭に立つ際はその都度ご案内しておりますので是非フォローして頂けるとありがたいです!



新製品RK-Silver/BSの予約注文の方に音響核プレゼントキャンペーン実施中!【数量限定】

RosenkranzのエントリーモデルとなるRK-Silver/BS(Basic Star)が9月頃発売となります!

 

そこで8月31日までに予約注文頂いた先着40名様にRosen Circle/Chromeの音響核をプレゼントするキャンペーンを実施しております!

お申し込みや内容の詳細はKaiser Sound ブログをご覧ください!

 

個人的なおススメはこのRK-Silver/BSにHP-196の組み合わせが価格に対する満足感が感じられるセットになりますので、是非HP-196も合わせてご注文頂けるとプレゼントされるRosen Circle/Chromeも装着できて一石二鳥!

 

音質レビューもこちらのKaiser Sound ブログに既にUPされていますね。

私の方にももう少しでデモ機が到着する予定ですのでその際は速攻でレビュー、更にまたe☆イヤホン秋葉原店にて試聴会などを催させて頂けるように準備して参ります。

 

開発者の貝崎氏からBSの感想を伺うに、RK-Silver/PDに近い音の鳴り方をしている!とのことなので相当なレベルになっているのは間違いないかと思います!

 

今回のBSのあとにはPDを超えるKS(Kaiser Sound)というモデルも開発予定なので今後も目が離せないですね!

 

e☆イヤホン秋葉原店にてRosenkranz製品の店頭販売員始めました!

先日よりe☆イヤホン秋葉原店7階のハイエンドイヤホンが置いてある奥のレジ前にてRosenkranz製品のコーナーを設置しました!

 

基本的には土日はフルで、平日は昼過ぎから夕方にかけて立てる日は立ちます!

Twitterでその辺りの情報も発信しますので是非フォローしてください!

 

新製品であったり、他のデモも持ち込んでいますのでじっくり聴いていただければと思います。

また政振ステッカー貼り付けサービスも店頭にいる際は承りますのでお気軽にお声がけください!

 

今後も10万円のエントリーモデル、更にRK-Silver/BA、PDを超えるハイエンドモデルも登場してきますのでRosenkranzをよろしくお願いいたします。

e☆イヤホン秋葉原店にてRosenkranz試聴会【6月21日】

e☆イヤホン秋葉原店にてRosenkranz40周年記念試聴会が開催決定となりました!

 

・開催日時:6月21日(日)12時~19時

・開催場所:e☆イヤホン秋葉原店

 

既にKaiser Soundブログe☆イヤホンさんのブログでも告知されていますね。

 

新作のイヤホンRK-Silver/RSやケーブルの190シリーズ、音響核と目白押しです!

個人的には是非イヤホンのRK-Silver/RSと190シリーズと音響核を組み合わせて色々聴き比べてみてほしいですね!

音響核という一般的には分岐部のパーツがどれほど音に影響があるのか?

更には音響核はクロームと金のメッキの違いと丸形、六角形、八角形と形状の違いも聴き比べが出来るという貴重な体験ができます!

メッキは素材の違いという分類になりますが、形状の違いによる音の違いというのは中々体験できないものだと思いますので当日は是非お越し頂き、オーディオの深さ、そしてRosenkranzの多彩なアプローチをご体験頂ければと思います!

 

私も会場でご対応させて頂きますので疑問に思っている事などあればどしどしご質問ください!

 

それでは当日お会いしましょう!

開業届提出しました!

本格的にRosenkraz製品を販売していく為にTSJ Soundという屋号で開業届を提出しました!

それに伴いブログタイトルも変更しました。

 

独立のきっかけはRosenkranzの代表貝崎氏の人の感動というテーマの研究がとても素晴らしく、これらの内容を伝えていきたい、残していきたいと考えた為です。

その為にはまずは多くの人にRosenkranzの製品や考えに触れてもらい、その価値を感じ取り、その内容を引き継ぎ研究したり、行動してくれる人が増える可能性を広げ続けないといけません。

その為に今の段階ではまずは知ってもらうという所に重点を置き、8年間イヤホン専門店で勤務してきた経験を活かして国内外への販売に注力しようと思い立ったわけです。

 

感動に焦点を当てた研究はオーディオを通して音楽から得られる感動から車の運転を通して得られる感動という視点へと繋がっています。

更に車を通して得られた感覚や知識をオーディオに活かす事により更に製品のクオリティや加速度組み立てなどの技術の向上に繋がっています。

 

物の方向性や加速度組み立て、和音構造といった人の感覚に基づいた思考(人の感覚を通して感動へ至るプロセス)はまだまだオーディオや車に転用できる余地は沢山あるはずですし、更には他の分野にも適応できる事も十二分に考えられます。

 

今後AI等のデジタル化、効率化がどんどん進むに連れて、人の五感を通して得られる感動の価値も上がっていくはずです。

正確には効率化が進むこと(生きるために必要なお金を稼ぐための労働時間が減る事)によって例えば音楽を聴いたり、旅行してその地域の美味しい料理を食べたり、アクティビティをして楽しんだりという感動体験をする為の時間が増えてくるはずです。

効率化が目的になってしまうと味気ない人生になってしまいますからね。。

 

これからは私も人の感動という点にフォーカスして活動してまいります。

先ずは音楽を通して得られる感動を少しでも多くの人に体験してもらえるように色々なアプローチをしてまいりますのでよろしくお願いします!

Rosenkranz 政振ステッカーについて【使い方の基礎まとめ】

今回はRosenkranzの政振ステッカーについてまずは基本的な使い方や効果をまとめて記載してみたいと思います。

 

お気に入りの機器や組み合わせなどが自分の中で固まってきたけど、機器を変える以外により理想の音に近づける方法はないだろうか?という意欲が湧き出てきている方、またはオーディオ沼を楽しく元気に突っ走っている方は是非最後までお付き合いいただければと思います!

使用方法は至ってシンプル。

すべてステンレス製で薄いプレートになっていますので、それを両面テープで張り付けるだけ!なのですが、その張り付ける場所が重要です。

振動の流れを調整する役目なので綺麗に流れができるように配置しますが、場所や貼り方によっては流れを悪くしてしまう場合もありますので注意が必要です。

この政振ステッカーシリーズはご自身でベストなポジションを探すというDIY製品なのです!

 

それではステッカーの基本的な貼り方や音の変化の特徴などを紹介していきます。

・Rose Vibration(ローズバイブレーション)

この子が政振ステッカー四人衆の中で一番シンプルです!

DAPやアンプ等の重心位置(大体真ん中辺りですね。)に貼ると一番効果が得られやすいです。

バラの花弁の狭い間隔の方にエネルギーが抜けていく設計(花弁の感覚が狭い方が上です。)になっています。

最近のロットのものはマイナーチェンジで一回り小さくなりました。

直径28.35mm 厚さ0.5mm

 

◇両面テープ貼り方

全面にべたっと貼ってしまうと振動の淀みが抜けないので、
センターラインと外周部を少し残すようにすると良いです。

本来は画像のような形が振動の通る道を考えると良いのですが、初めは2本のテープを加工せずそのまま左右対称に貼ってしまった方がわかりやすく良いかと思います。

両面テープは縦方向になるように貼ります。

 

e☆イヤホンのブログでもローズバイブレーションの貼り方が紹介されてますのでこちらも参考にしてみてください。

(ちなみにこの時秋葉原店の店長やってました。懐かしい。。)

 

◇貼る位置

機器の中央部分(重心の位置)に花弁の感覚が狭い方を上の方向に向けて貼り付けてください。

 

◇音の変化

SN比が上がったような感覚で、細かい余韻の表現がより自然に耳に入ってくるようになります。

耳に刺さる音が気になる場合にはその効果が最大限に感じられると思います。

更にこのローズバイブレーションは次に紹介するMusic Hummerと組み合わせて使用することをおすすめします。

 

・Music Hammer(ミュージックハンマー)

Rose Vibrationの相方として開発されたこのMusic HammerはRose Vibrationから調和した振動を取り込み、勢いよくまた中央に跳ね返す設計になっています。

◇両面テープ貼り方(Auto Rosenと一緒です)

八角形にカットしてMusic Hammerより一回り小さくして淵にテープが被らないようにすると振動がうまく拡散されて効果がより発揮されます。

(ちなみに正方形の4隅の角を切り落とすと八角形になりますが、きれいな形にするのは結構難しいです。。)

 

◇貼る位置

機器の四隅付近で端から3~4ミリ程空けて貼ると良いです。

一辺の両端に2つ貼ってから効果が得られますが、四隅に貼れる余裕があるものでしたら4つ貼りがおすすめです。

↑イメージはこんな感じで貼り付けてもらえればと!

Music Hammerの貼る角度を中央のローズバイブレーションに向けてうちぶりに貼ると音に躍動感で出て来るのでお好みで調整してみてください。

 

◇音の変化

ローズバイブレーションとの組み合わせ専用で作られただけあって、その効果は大きいです。

一気に音楽に力が宿り、音の頭の部分のアタックが素晴らしいです。

瞬発力が上がるので、相対的に余韻の繊細な表現力もUPします。

是非ローズバイブレーションと組み合わせて使用してみてください!

 

・Auto Rosen(オートローゼン)

イヤホン、ヘッドホンの左右の音のばらつきを調整するもの。

AとRの文字が刻まれており、その中間付近に振動が抜けていくように設計されています。

 

◇両面テープ貼り方(Music Hammerと一緒)

またはロットが変わってから一回り小さくなったので全面にテープでも大丈夫です。

八角形にカットしてAuto Rosenより一回り小さくして淵にテープが被らないようにすると振動がうまく拡散されて効果がより発揮されます。

 

◇貼る位置

イヤホンのフェイスプレートや、ヘッドホンのハウジングに右用左用で一つずつペアで同梱されておりますので、基本は写真のようにAの直線のラインが装着時に垂直になるように貼ってください。

写真は左側のものです。

実はこれが一人でやろうとすると結構難しく、ご自身で貼る際は鏡を見ながらAのラインが垂直になるのを確認しながらやると良いかと思います。

協力プレイなら相方に角度調整してもらいながら貼ってもらえるので一瞬で終わります。

 

◇音の変化

Auto Rosenの設計通りで、まさにAとRの中間に音が抜けていくように聴こえます。

(AとRの中間を上に向けたら上に音が広がり、下に向けると下に音が広がっていきます。)

イヤホン、ヘッドホンだと最後の発音体に貼り付けることになるのでDAPやアンプに貼るよりも効果は感じやすいと思います。

基本の貼り方ではダイレクトに音が飛んでくるイメージですが、あえて左右対称にRが前の方に来るように貼ると音が前方に広がっていくようになります。

ご自身でしっくりくる位置を是非探してみてください!

先ず政振ステッカーの効果を試してみたいという方にとっては違いが分かりやすいのでおススメな商品です!

 

・Triple Accel(トリプルアクセル)

直径5㎜で政振ステッカーの中で一番の小さい為、様々な機器に貼り付ける事が出来るので使い勝手がとても良いです!

ただその小ささ故に貼る場所や材質によっては剥がれやすい場合もありますのでご注意ください。

振動を瞬時に開放する設計になっているので、振動が溜まりやすい形状の部分に貼ると効果的です。

 

◇両面テープ貼り方

本体が小さいので両面テープの片面側に貼りつけ面を貼りつけちゃいましょう。
そこからはさみで一つずつ切り出していくと良いです。

こんな感じでOKです。

 

◇貼る位置

小さいのでイヤホン、ヘッドホン、DAP等ジャンル問わずどこでも貼れるのがTriple Accelの自由度が高く便利な点ですが、それゆえにセオリーがそこまでないという部分もあります。

おススメはカスタムIEMやプラスチックや樹脂で形成されている本体(金属以外)のものに取り付けるとステンレスの金属の特性が音に乗っかりますので変化がわかりやすいかと思います。

カスタムならフェイスプレートの角3点に貼ると良いです。

こういった感じでAuto Rosenとの併用もOKですので是非試してみてください。

 

◇音の変化

音抜けが改善するので一言でいうと聴きやすい音になります。

多くのBAドライバーを搭載しているモデルであれば各ドライバーの繋がりがスムーズになり、より自然なサウンドになります。

ダイナミック型でも形状によって振動が滞留しているポイントに貼れば抜けが良くなりすっきり見通しが良くなる効果もあります。

 

と、基本的な事は以上です。

とりあえず試してみないと始まらないので是非お試しください!

 

ちなみに応用していくとどうなるかというと私のリファレンスのiPhone8 Plusはこんな感じです。

ベーシックな貼り方で効果を実感されたのであればこのような貼り方のマネで構わないので更に色々な事にチャレンジしてもらえればより楽しみが広がると思います!

 

また最後に政振ステッカー製作者のKaiser Sound ブログにて今までに張り付けた機種の写真が載っているので是非一度ご自身で愛用されている機種があるかもしれませんし、応用した高度な貼り方もがっつり掲載されてますので是非チェックしてみてください!

 

◎まとめ

これら政振ステッカーは基本的な使い方と同時にそれぞれの特性を生かしセオリーではない使い方も出来ます。

私も開発者である貝崎氏の一見するとトリッキーな貼り方を近くで見てその音を聴いているうちに気付いたことがあります。

音楽の電気信号が基盤を通る際に微弱な振動を発生させます。

振動対策をしていない素の状態はいわゆる【まっさらなキャンバス】なので要はこれらの微細な振動を政振ステッカーを使ってどう導くかがポイントになってきます。

 

オーディオはどこを変えても結果(音)に反映されてしまうのでとても複雑でよく沼に例えられいますよね。

このRosenkranzの政振ステッカーが機器の違いによる音の違いという最初の段階からアクセサリーで機器をチューニングするという次の段階へと、更にオーディオ沼への深部へ誘ってくれるでしょう。

 

みなさんの理想の音に少しでも近づく一助となれば幸いです!

Rosenkranz RK-Silver/PDについて【イヤホン解説】

本日はRosenkranzのイヤホンでPerfect Direction(完璧なる方向性)と名付けられたRK-Silver/PDをご紹介します。

先に結論を言ってしまうと【究極のリファレンス】であります。

Rosenkranzの初めてのイヤホンにして圧倒的な余韻表現を得意とするRK-Silver1と2作目で唯一のBA型ドライバーを使用し、圧倒的な音飛びの良さ、反応の良さを極めたRK-Silver/BAを経て3作目となるRK-Silver/PDは登場します。

その名の通りでこのPDはイヤホン本体の細部に至るまでエネルギーの方向性、つまりエネルギーを導く仕掛けが徹底的に施されています。

その名の通りまさに完璧なほどに。

 

実際にどう施されているかはKaiser Sound ブログにて事細かに記載されていますのでそちらをご覧頂ければと思いますが、一部をご紹介しますと内壁に葉脈(動物で言えば血管)を模した模様が入っていたり、スリット(溝)が入ったショートホーンがドライバーに取り付けられていたり、PDの刻印に排圧の穴が開いていたりと様々な仕掛けがあります。

これらがつまりどう作用しているかというのは発生した振動がどこをどう通ればお互い悪影響を起こさずに調和できるのか?全体が一体となって空気を振動させることができるのか?という交通整理のようなことからさらに振動のリズムをどこで作ってやるのか?という音楽表現まで付加されています。

では実際それらが聴感上どう感じるかというと、もはやRK-Silver/PDという固有の音というのはほとんど感じません。

聴こえてくるのはイヤーピースの特性、ケーブルの特性、プレイヤーの特性、音源の特性です。

今までに何千というイヤホンやヘッドホンを聴いてきましたがここまで入力されたものに対して何も手を加えずにそのまま出力する機種は他に思い当たりません。

真のリファレンスサウンドと言い切ってしまって差し支えないでしょう。

つまりこのPDはその他の条件がすべて揃ったときにこそ真価を発揮します!

その他の条件全て揃った瞬間は【音】に対する不満がなくなり、その環境でこそ初めて【音楽】に没頭できるようになります。

 

こう言ってしまうと他に言うことがなくなってしまうので細かい分析をするとやはり基本である音のタイミング(音の立ち上がりと余韻)の表現が圧倒的です。

その為アコースティック、特にLive音源のその場の生々しい表現力はもはや比肩するものがないほどに凄まじいレベルです。

どの楽器やボーカルの表現力も圧倒的ですが、個人的についよく聴いてしまうドラムの音はシンバルの金物からバスドラムの低い周波数のアタックから余韻まで完璧です。

ですが、こういった細部の表現は素晴らしい音楽を表現する一部に過ぎません。

重要なのはそれら部分を全体としてどう調和させるかが重要です。

そうこのPDは様々な楽器やボーカルが織りなす全体のハーモニーが素晴らしいのです!

この部分(一つ一つの音)と全体(それぞれの音の重なり、ハーモニー)のちょうど良い塩梅を図る事こそが音楽の感動を引き出すための最重要項目であり、Rosenkranzが一番得意としているところでもあります。

 

逆に現在の打ち込み系の音はそれぞれ音を別で録音して重ねて収録している様子が良くも悪くも聴こえてしまうのでそこはRK-Silver1や新作のRK-Silver/RSの方が気になるところも上手い具合に料理してくれるのでおススメです!

 

とにかく環境にシビアですので、一度の試聴ではなかなかこのRK-Silver/PDの実力を図る事は難しいので是非何度もいろんな環境で聴いてみてください!

 

・おススメのケーブル

ちなみにケーブルはRosenkranz HP-5Tools/25が音のタイミングと情報量もばっちりな万能特性なのでよりお互いの良さを認識できるのでおすすめです!

 

・おススメのイヤーピース

・終了してしまい在庫限りですがスピンフィットのCP100シリーズ

イヤーピース自体の特性がそこまで気にならずに音楽が聴けるのでおススメです。

 

JVC スパイラルドット

開口部が広いため音の広がり、空気感がしっかり感じられます!

アコースティック音源ならまず間違いのない選択肢になります。

 

e☆イヤホン秋葉原店に試聴機がありますので是非!

もちろん販売もe☆イヤホンさんにて行われています。

Rosenkranz RK-Silver/PD