Rosenkranz RK-Silver/PDについて【イヤホン解説】

本日はRosenkranzのイヤホンでPerfect Direction(完璧なる方向性)と名付けられたRK-Silver/PDをご紹介します。

先に結論を言ってしまうと【究極のリファレンス】であります。

Rosenkranzの初めてのイヤホンにして圧倒的な余韻表現を得意とするRK-Silver1と2作目で唯一のBA型ドライバーを使用し、圧倒的な音飛びの良さ、反応の良さを極めたRK-Silver/BAを経て3作目となるRK-Silver/PDは登場します。

その名の通りでこのPDはイヤホン本体の細部に至るまでエネルギーの方向性、つまりエネルギーを導く仕掛けが徹底的に施されています。

その名の通りまさに完璧なほどに。

 

実際にどう施されているかはKaiser Sound ブログにて事細かに記載されていますのでそちらをご覧頂ければと思いますが、一部をご紹介しますと内壁に葉脈(動物で言えば血管)を模した模様が入っていたり、スリット(溝)が入ったショートホーンがドライバーに取り付けられていたり、PDの刻印に排圧の穴が開いていたりと様々な仕掛けがあります。

これらがつまりどう作用しているかというのは発生した振動がどこをどう通ればお互い悪影響を起こさずに調和できるのか?全体が一体となって空気を振動させることができるのか?という交通整理のようなことからさらに振動のリズムをどこで作ってやるのか?という音楽表現まで付加されています。

では実際それらが聴感上どう感じるかというと、もはやRK-Silver/PDという固有の音というのはほとんど感じません。

聴こえてくるのはイヤーピースの特性、ケーブルの特性、プレイヤーの特性、音源の特性です。

今までに何千というイヤホンやヘッドホンを聴いてきましたがここまで入力されたものに対して何も手を加えずにそのまま出力する機種は他に思い当たりません。

真のリファレンスサウンドと言い切ってしまって差し支えないでしょう。

つまりこのPDはその他の条件がすべて揃ったときにこそ真価を発揮します!

その他の条件全て揃った瞬間は【音】に対する不満がなくなり、その環境でこそ初めて【音楽】に没頭できるようになります。

 

こう言ってしまうと他に言うことがなくなってしまうので細かい分析をするとやはり基本である音のタイミング(音の立ち上がりと余韻)の表現が圧倒的です。

その為アコースティック、特にLive音源のその場の生々しい表現力はもはや比肩するものがないほどに凄まじいレベルです。

どの楽器やボーカルの表現力も圧倒的ですが、個人的についよく聴いてしまうドラムの音はシンバルの金物からバスドラムの低い周波数のアタックから余韻まで完璧です。

ですが、こういった細部の表現は素晴らしい音楽を表現する一部に過ぎません。

重要なのはそれら部分を全体としてどう調和させるかが重要です。

そうこのPDは様々な楽器やボーカルが織りなす全体のハーモニーが素晴らしいのです!

この部分(一つ一つの音)と全体(それぞれの音の重なり、ハーモニー)のちょうど良い塩梅を図る事こそが音楽の感動を引き出すための最重要項目であり、Rosenkranzが一番得意としているところでもあります。

 

逆に現在の打ち込み系の音はそれぞれ音を別で録音して重ねて収録している様子が良くも悪くも聴こえてしまうのでそこはRK-Silver1や新作のRK-Silver/RSの方が気になるところも上手い具合に料理してくれるのでおススメです!

 

とにかく環境にシビアですので、一度の試聴ではなかなかこのRK-Silver/PDの実力を図る事は難しいので是非何度もいろんな環境で聴いてみてください!

 

・おススメのケーブル

ちなみにケーブルはRosenkranz HP-5Tools/25が音のタイミングと情報量もばっちりな万能特性なのでよりお互いの良さを認識できるのでおすすめです!

 

・おススメのイヤーピース

・終了してしまい在庫限りですがスピンフィットのCP100シリーズ

イヤーピース自体の特性がそこまで気にならずに音楽が聴けるのでおススメです。

 

JVC スパイラルドット

開口部が広いため音の広がり、空気感がしっかり感じられます!

アコースティック音源ならまず間違いのない選択肢になります。

 

e☆イヤホン秋葉原店に試聴機がありますので是非!

もちろん販売もe☆イヤホンさんにて行われています。

Rosenkranz RK-Silver/PD

Rosenkranz製品の販売促進の活動を行います!

さて、今月より以前からお付き合いがあるRosenkranz製品を取り扱うことになりました!

(主にポータブルメインで、イヤホン、リケーブル、オーディオアクセサリーがメインになります。)

そこへ至る経緯を私の実体験を通して得てきたオーディオの知見を含めてお話ししたいと思います。

私はもともと音楽、イヤホン等のポータブルオーディオが好きでイヤホンヘッドホン専門店e☆イヤホンにて8年間程勤務しており、そこで何千機種ものイヤホン、ヘッドホン等のポータブルオーディオ製品に触れてきた中でRosenkranzの音楽表現力の高さに感動しました!

実際に店頭で接客している中でも元々ピュアオーディオを楽しまれている方や、オーディオが一切わからずともご自身で楽器を演奏されている方にRosenkranz製品は高評でした。

 

それではこの人の心を魅了するRosenkranzの音楽表現力とは何なのか?

一言で言ってしまえば【まるで本物の楽器や声が聴こえてきているかのような生々しさが半端じゃない!】という事になるのでしょう。

初めは私もただその生々しさに圧倒されるばかりでそのカラクリは頭で理解できていなかったのですが、8年間ポータブルオーディオ専門店で何千種類もの機器の音に触れている中で徐々に理解していきました。

その一番の要因はタイミングです。

例えば音一つとってもその空気が振動する始まりと終わりまで振動が発生し減衰してやがて消えていきます。

これをどれだけ正確に引き出せるか、更には他の様々な楽器や声とのタイミングも揃っていなければ自然で生々しい音楽的な表現は生まれません。

ここが音楽の基礎の部分であり、またRosenkranz製品全てに共通しています。

Rosenkranzの代表である貝崎氏とはULTRASONE edition9のモディファイの依頼をしてからなので8年ほどの付き合いになりますが、その当時から目的は一貫して変わらず【オーディオを通して音楽を聴き、そこで得られる感動を最大限に引き出す事】にしかフォーカスしていません。

その感動の実現の為には他の人が研究しない内容(例えば色の違いによる音の影響について、ケーブルの長さによる音の影響について、物の振動の流れやすい方向性による音の影響について等々)にも躊躇なく挑戦しています。

様々な要因で音が変わるというのはオーディオをされている方であれば既知の事だと思われますが、では具体的にどこをどう変えるとどう変わるのかという実践レベルまでの知識を持っている人は私が知る限りではカイザーサウンドの貝崎氏を超える人物に出会ったことがありませんし、そのノウハウは現在進行形でカイザーサウンドが40周年を超えてもなお進化、深化は続いています。

 

つまり今製作している製品、更には今後出て来る製品が常にベストを更新し続けていくのです。

私個人としては貝崎氏の40年の音の研究の成果である、こんなにも素晴らしい製品が多くの音楽を楽しんでいる方に知ってもらえないのはもったいない!と思いRosenkranzを広める活動、販売促進を今後行って参ります。

 

この記事を書いていて思い出したのですが、8年前にe☆イヤホンに応募したきっかけも【イヤホンを変えるだけで音楽の聴こえ方が違う。つまり音楽から得られる感動値が簡単に上昇するという認知を広めたい!】という事だったので、そこは全くぶれていないようです。笑

 

現在Rosenkranzのポータブルオーディオ製品の試聴が可能なのはe☆イヤホン(主に東京秋葉原店)のみとなっていますが、私の方で新製品のイヤホンを中心にデモ機をご用意しております。

 

・オーディオが好きだけど、機器をいくら替えても満足できない。

・イヤホン、ヘッドホンの音がきつくて長時間聴けない。

・そもそもイヤホン、ヘッドホンを通して聴く音と実際に耳で聴く音に差があって音楽を楽しめない

等々あげればキリがありませんが、

とにかく音楽をもっとしっかりした音で聴きたい!という方はFacebook、Twitterのアカウントのリンクがございますのでそちらからお気軽にお問い合わせください!

イヤホン、ヘッドホンの選び方について

先ずは基本的なイヤホンの選び方についてご紹介します。

と言っても選ぶ方法については特に難しいことは何もありません!

いつも音楽や動画を見ているデバイスにイヤホンやヘッドホンを接続して「音」を確認するだけ。逆に言うとこれ以外の手法で自分に合うものは探しようがありません。

その理由は至ってシンプル。聴感も味覚と一緒で感覚なんですよね。

味覚で例えるなら、いくら周りの人がチーズがおいしいと感じるからと言っても自分もおいしいと感じるかどうかは1ミリも関係ないですよね。(ちなみに僕はチーズが苦手です。。)

これはオーディオの世界でも全く一緒です!

なので実際に店頭に出向き、購入する前に試聴、試着(試食と同じ感覚です)するのが一番です!

 

ただここで一つとても大きな問題があります。

それは無数に選択肢があるという事。(何千機種もあります。。)

そこでまずは選択肢を絞る為に使用用途や目的を決めておきましょう。

例えば・・・

・通勤通学で使用する。(遮音性が必要なシチュエーションで後は音質重視で有線なのか、利便性重視で無線が良いのか等)

・家でじっくり音楽や動画を楽しむ。(音質や長時間でも使用できるフィット感、あとは音漏れしてもOKなのか、無線が良いのか等)

・ジムやランニング等運動する際に使用する等。(防水機能と動いてもずれないフィット感が必要等)

ここが絞れたらある程度候補も見えてくると思います!

可能であれば是非お店で試聴してみましょう!

音は気にしないという方もフィット感を確認する為にも実際に耳に着けてみてすぐに外れないか?痛みはないか?確認することはとても重要です。

(人の耳の形は一人ひとり全然違います。更に右耳と左耳でも耳穴の大きさに差があるので注意が必要です。試さずに購入して使えなかったら悲しいですよね。。)

 

ちなみに試聴するならイヤホンヘッドホン専門店のe☆イヤホンが圧倒的な品揃えでかつ試聴もしやすいのでおススメです!

前職の宣伝みたいな感じになっちゃいますが、スタッフさんもフレンドリーなので気軽に相談にも乗ってくれるので初心者の方からマニアの方までポータブルオーディオの事なら一度行ってみてください!

 

次回以降は簡単な初心者の方向けに上記シチュエーション別のおすすめ機種をご紹介しますね。

それではまた!

ブログ開始!

初投稿

来月から自営でやっていくにあたってブログを始めて行きます!

内容はオーディオの事はもちろん、普段の事も書いたりしようかなと思ってます。

元々ポータブルオーディオの専門店で8年勤務していた経験を生かして今後はみなさんのお役に立つ情報をお届けしていきます!

オーディオ機器にこだわると普段聴く音楽が何倍にも楽しく聴けるようになります!

それによって一人でも多くの人生が豊かになるように活動していきますのでよろしくお願いします。