Rosenkranz Bluetooth chip使用例【SOUNDSOUL E1】

今回はSOUNDSOUL E1Bluetooth chipの使用例をご紹介します。

先ずは今まで通りのオーソドックスな全体のバランスを底上げする貼り方から。

この位置と向きだと元の状態から更に各楽器やボーカルの存在感が増してメリハリが付きます。

余韻の表現力も上がっています。

少し分かり辛いのですが、ケースに収めると上部の位置にきますね。

 

また音の頭の部分によりフォーカスした貼り方はこちらです。

音の出口に向かって一気に放出されるので、貼った時の変化は一番大きく感じやすい位置と向きになります。

音にインパクトが欲しいという方は是非一度こちらをお試しください。

 

このE1は元からの音がとても素直で価格もTWS03Rの良いライバルだと思います!

比較すると3.9gという本体の軽さを活かした綺麗に音が広がっていく印象で、音の頭の表現が得意なTWS03R、音の後半の余韻が得意なE1という関係ですね。

 

個人的にはメインはこのSOUNDSOUL E1一本でも全然問題ないレベルのサウンドとスペックなのでまだ聴いたことがないという方は是非一度聴いてみて下さい!

そしてその素直なサウンドの分Rosenkranz Bluetooth chipの効果もわかりやすいので是非お試しください!

 

Bluetooth chipの使用方法についてはこちらの記事をご確認ください。

LINEで送る
Pocket