Rosenkranz Bluetooth chip使用例【SOUNDSOUL E1】

今回はSOUNDSOUL E1Bluetooth chipの使用例をご紹介します。

先ずは今まで通りのオーソドックスな全体のバランスを底上げする貼り方から。

この位置と向きだと元の状態から更に各楽器やボーカルの存在感が増してメリハリが付きます。

余韻の表現力も上がっています。

少し分かり辛いのですが、ケースに収めると上部の位置にきますね。

 

また音の頭の部分によりフォーカスした貼り方はこちらです。

音の出口に向かって一気に放出されるので、貼った時の変化は一番大きく感じやすい位置と向きになります。

音にインパクトが欲しいという方は是非一度こちらをお試しください。

 

このE1は元からの音がとても素直で価格もTWS03Rの良いライバルだと思います!

比較すると3.9gという本体の軽さを活かした綺麗に音が広がっていく印象で、音の頭の表現が得意なTWS03R、音の後半の余韻が得意なE1という関係ですね。

 

個人的にはメインはこのSOUNDSOUL E1一本でも全然問題ないレベルのサウンドとスペックなのでまだ聴いたことがないという方は是非一度聴いてみて下さい!

そしてその素直なサウンドの分Rosenkranz Bluetooth chipの効果もわかりやすいので是非お試しください!

Rosenkranz Bluetooth chip使用例【Sabbat X12Ultra】

Sabbat X12UltraBluetooth chipの使用例をご紹介します。

ケースにはめた状態だと分かり辛いのですがお互い向き合うような位置になります。

頭の部分から見るとこの辺りです。

 

Sabbat X12は以前のX12Proの頃から実は音が抜群に良いなと思い注目していたのですが、オープン型故に遮音性が低い、耳の形状によってフィット感が良くないという通勤通学で使用するにはデメリットがある機種になるのでそこまで注目されていないようですね。

 

ですが、その分メリットとしては音抜けが自然で聴き疲れの少ない音。

遮音性が低いので再生ボリュームによりますが周りの音がある程度入ってくるのでながら聴きとして使えるという所になりますよね。

 

個人的には電車の中でも小音量で使用する分にはアナウンスもしっかり聞こえるのでオープン型でも外で使用するには全然ありなのでそこまで気にならないです。

 

音質ですがオープンの解放感があるサウンドでありながら、逆にオープン型にありがちな音の薄さ、余韻の少なさという欠点(ここはボリュームを上げると刺さる音が出て来るのでわかりやすいところだと思います。)も見事に感じさせないバランスの良いサウンドです!

 

そこにBluetooth chipを装着すると音の頭がしっかり見えるように、かつ余韻の表現力も上がるのでより音楽の抑揚、味わい深さを感じられるようになります。

再生機としての実力がしっかり備わっている為、完全ワイヤレスイヤホンとしては珍しくアコースティック音源の方が得意なのですが、デジタル音源でもキツさをうまくいなしてくれるので聴く音源には困らないかと思います。

ただその分インパクトがあるサウンドではないという点も含めで玄人向きな製品なのは間違いありません。

 

個人的には隠れた名機なのでまだ試したことがない方は是非一度お試し頂きたい製品です!

Bluetooth chip使用例【SONY WF-XB700】

今回はSONY WF-XB700Rosenkranz Bluetooth chipの使用例をご紹介します。

フェイスのこの左側はS、右側はYの文字に被るように貼り付けるのがおススメです。

 

実は貼り付ける位置に一番苦労した機種で今までは音が外側に向かうよう(余韻が綺麗に広がるよう)に貼り付けていたのですが、このWF-XB700は中々決まらずだったので、逆に音の頭をハッキリさせることに特化させて貼り付けたところこの位置が良かったので共有します。

 

この位置だと元々パワフルなサウンドが特徴のXB700が更にアタックのインパクトが重視されるような鳴り方に変化します!

XB700をよりパワフルなサウンドにしたいという方は是非このBluetooth chipを試してみて下さい!

 

 

 

ちなみにNG例もご紹介します。

この内側の位置に貼ってしまうと万が一はがれてしまった際に耳の中に残ってしまう危険性がありますので絶対に貼り付けはしないで下さい。

 

メーカー、販売店共に責任を負いかねますのでよろしくお願いいたします。

Bluetooth chip使用例【Apple AirPods Pro】

Apple AirPods ProのRosenkranz Bluetooth chipの使用例をご紹介します!

写真のように頭の位置から下に向かうように貼り付けるのがおススメです!

ケースに入れても干渉しない位置になります。

Appleは曲面のデザインの美しさが良いですよね。

それがしっかり音にも反映されており、このAirPodsも角がない聴きやすい音質が特徴ですよね。

ですが、少し控えめすぎるところがありますのでこのBluetooth chipを貼り付ける事によって音の頭がしっかり見えるようになり、音の輪郭がはっきり見えるようになります!

 

その影響はもちろん音全てに及びますのでiPhoneで動画を見たときの音の迫力であったり、語学の勉強をするときにもより鮮明に音が聴きとれるようになります。

 

このBluetooth chipはやはり基本の音の特性として音の頭がはっきりしないけど、音の後半の余韻が得意なモデルに使用すると相性がかなり良いですね。

 

AirPods Proユーザーさんは是非一度お試しください!

Rosenkranz Bluetooth chip

Bluetooth chip使用例【SENNHEISER MOMENTUM True Wireless 2】

SENNHEISER MOMENTUM True Wireless 2のRosenkranz Bluetooth chipの使用例のご紹介です。

本体の内側やや下の辺りがおススメです。

 

ケースにはめた状態だとこの辺りです。
ケース、通信ともに干渉しない位置になります。

 

前身のMOMENTUM True Wirelessからその音質の良さで人気があるモデルですよね。

2になりその音質は更にSENNHEISERの高級機特有のやさしい余韻の表現が感じられ聴き疲れが少ない音作りになっています。

ただ個人的にはホールの一番後ろで聴いているような感覚でもう少し前でダイレクトに音を楽しみたいなと感じていましたがそれはBluetooth chipが解決してくれます。

貼り付け後はちょうど良い距離感になりました!

色々な人気機種に試してきた中でこのMOMENTUM True Wireless 2はBluetooth chipとの相性はベストマッチでした!

 

この機種を使用されている方は音質にこだわりがあって使用されているかと思われますので是非RosenkranzのBluetooth chipをお試しください!

 

Bluetooth chipの貼り付け方についてはこちらの記事をチェックして下さい。

Bluetooth chip使用例【NobleAudio FALCON】

Nobleの人気TWSFALCONのRosenkranz Bluetooth chip使用例のご紹介です。

貼り付け位置はこの写真の辺り(貼り付けている場所は本体内側の中央部分辺り)がおススメです。

ちょうどケースに収めたときに左右のBluetooth chipが中央部分で向き合うところになりますね。

ここであればケースにギリギリ干渉せず、通信も問題ありませんでした。

FALCONはTWS特有の混濁した音が顕著にみられますのでBluetooth chipを貼り付けた瞬間に一気に自然な音の鳴り方に変化します!

 

是非FALCONユーザーさんにはこのRosenkranz Bluetooth chipを試してほしいですね!

 

また本体が大きいので貼る場所も多く、いろいろ試して音の変化を楽しんで頂けるかと思います!

 

Bluetooth chipの貼り付け方についてはこちらの記事をチェックして下さい。

Bluetooth Chip使用例【SONY WF-1000XM3】

Rosenkranzから発売されたBluetooth製品専用の政振ステッカー【Bluetooth chip】の貼り付け例をご紹介します。

 

今回はSONYの人気TWSであるWF-1000XM3の貼り付け位置です。

写真は左右を上から撮影したものです。

貼り付け位置はこの上部の下の方のこの辺りがおススメです。

 

Bluetooth chipの効果はこのWF-1000XM3は分かりやすく、元々ハッキリした音が特徴ですが、更にパワフルなサウンドになります。

感覚的にボリュームを一つ上げたように感じてるほどで初めは思わずボリューム位置を確認してしまいました。

完全ワイヤレス製品は小さいバッテリーで全てを補わないといけないのでどうしてもボリュームの最大出力が低くなってしまう弱点がありますが、このBluetooth chipひとつ貼り付けるだけで改善できるのはありがたいですね。

 

ちなみにこの場所であれば充電ケースにも干渉することなく、電波の遮断も特に問題ありませんでした。

勿論他の位置でも様々な音の変化が体験できるので色々お試し頂けるとこのBluetooth chipを最大限お楽しみ頂けるかと思います!

 

Bluetooth chipの貼り付け方についてはこちらの記事をチェックして下さい。

音の好みと再生機の実力について【音は好みが全てというのは本当なのか?】

さて今回は【音は好み】と【再生機としての実力】という事について深堀してみたいと思います。

この話は結論から言ってしまうと聴いている音源がデジタルなのかアナログなのかという違いに大きく起因しています。

アコースティックな(電気を使用しない)もの、例えば声や楽器は直接耳でその音を確認出来ます。

そしてそれが実際に耳で聴いた音とオーディオを通して聴こえてくる音がどれだけ一致しているか?ここが自然と聴きどころになっているはずです。

例えばいつも会話している人の声がオーディオ含めた電子機器(電話等も)を通して聴いたときに感じるのは違和感か自然に聴こえているのか、この二つのどちらかしかないはずです。

もし自然に聴いている音(人の声や楽器やその他の耳を通して聴いている音)についてオーディオ的な音の好みとして話をしようとするのであれば。。

・このバイオリンはもっと低音を絞ってスッキリさせて欲しいなぁ

・このバスドラムは低域がもっと多い方がインパクトがあっていいのになぁ

・生演奏のジャズを聴いていて、自分の好み的にはもっと解像度が高い方が良いなぁ

 

上記のような感想や感覚って基本的にはそもそも出てこないですよね?

この感覚をオーディオを通して聴いた時も違和感なく再生できるもの、つまりマイクで録った空気の振動がそのまま鼓膜に伝えられる力というのが【再生機としての実力】があるという事になります。

(ちなみに脳がその鼓膜の振動の情報を処理しているので将来的には直接脳にその情報を送れるものがオーディオ製品の代替えとして登場する可能性はありますね。)

 

アコースティック音源についてはその【実力】がしっかり備わった上でつまり全ての楽器や声等の音が自然に鳴るようになってからやっと【好み】の話が出来るようになります。

例えば打楽器の再現度が素晴らしいとか、弦楽器の再現度が素晴らしい等の話は聴いている人がどこをより重点を置いて聴きたいのかという【好み】の話ですよね。

 

一方でデジタルだとそもそも実際に耳で生音を聴くことが出来ない、つまり電子機器を通してでしか聴けないので音の正解(元の音)がそもそもない状態でスタートしています。

つまり元の音をいかに再現度高く再生するかという軸は一切ありません。

残されたのは【好み】の軸だけです。

 

(勿論作曲時に製作者の意図として全体のミックスやマスタリングは行われているのですが、それはリスナー側の環境でかなり変わってしまいますよね。

製作者の意図したバランスの音というのはあるのでそれは実際に制作した方の音響環境でしか体験できないものになってしまっています。)

 

好みであればみなさんもご存じの通りで、なんでもアリの世界です。

そうなってくると良くある「もうちょっとこの低音は抑えてスッキリ聴きたい」とか「もっとこの高音のボリュームを上げて聴きたい」等の感想が出てきます。

 

特に最近はデジタルのミックス、マスタリングで便利なツールが出てきているのでやたら全ての音の音圧が高いものもざらにありますからね。

そういった音源だと再生機としての実力があるもので鳴らすとかえってキツい音に感じて聴きづらいという感想に繋がってしまいます。

それであればオーディオ機器の方で積極的に音に介入して聴きやすくしてくれるもので聴いた方が良いという結果も必然的に生じてきます。

Rosenkranzはいつも再生機としての実力をいかに発揮するか?という点で製品開発、製作を行っていますので是非ご試聴の際はアコースティック音源でその出音を確認してみて下さい。

(特に開発者のKaiser Sound ブログにて電気がきれいな頃の録音という素晴らしい音源がアップされていますので是非聴いてみて下さい。)

素晴らしい録音、演奏の感動をそのまま届けてくれるので【再生機の実力】というものがご自身の耳でしっかり体験して頂けるかと思います!

特に9月頃発売になるRK-Silver/BSはRosenkranzのエントリーモデルとして恥じない【再生機としての実力】を持った製品になりますので是非ご注目ください!

Rosenkranz RK-Silver/BSについて【イヤホン解説】

本日は遂にデモ機第一号が完成したRosenkranzイヤホンの入門モデル(税別9万円)となるRK-Silver/BS(Basic Star)をご紹介します!

初めから結論を言ってしまうと【エントリーモデルという枠を超えた完成度】に仕上がっております!

入門モデルとは言え上位モデルと変わらずの銀で製造されているボディ、そしてドライバーもRS,PDと共通。

更に内部の振動処理の為の模様もBS用に施されていたりとエントリーモデルながらも手抜きは一切なしの至れり尽くせりな設計内容になっています。

設計についてもっと詳しく知りたいという方は開発者のKaiser Sound ブログをご覧ください!

(写真左からRK-Silver/PD,RS,BS)

先ず装着感ですが、このBSはシルバーイヤホンシリーズの中で一番小さいモデルになりますので耳へのおさまりがとても良いです。

銀の重さもあり、軽い故に少しの衝撃ですぐポジションが変わってしまうという事もなく個人的にはとても安定した良い塩梅の装着感ですね。

今まで小さくて軽いと装着感が良いとざっくり思っていたのが改めてこのBSを装着すると適度な質量が安定感に繋がると改めて感じました。

 

音質について

ボディが小柄、ショートホーンが無くボディにドライバーをダイレクトにマウントさせている事もあり、とても軽快で反応の良さが際立つサウンドです!

その音の頭が出て来る瞬発力は一瞬ですが今まで聴いてきた中で一番の応答速度を持っているRK-Silver/BAの顔がチラつくような鋭さで、このBSの一番の特徴となっています。

勿論音の立ち上がりの俊敏さだけでなく、特にアコースティック音源を聴けばわかりやすいのですが音の消え際のデリケートな振動まで見事な対応力を見せてくれます。

Rosenkranzのエントリーとして堂々たる再生機としての実力を備えています。

正に真のリファレンスであるRK-Silver/PDの血筋を受け継ぐサウンドです!

 

ただあくまでもエントリーモデルとしてという事なので、上位機と比較するとサウンドステージの広がりが少し寂しかったり、余韻の表現やグルーブ感などの表現力は落ちてしまっているのは間違いありません。

ですがその部分もあくまでも上位モデルと比較してという事なので、単体でこのRK-Silver/BSを聴いてそこが気になって音楽に集中できないという事はまずないです。

 

おススメのケーブル

このRK-Silver/BSと組み合わせるのであれば同じような特徴を持っているHP-196がおすすめです!

BSと同じように軽快さ、反応の良さを持った者同士なのでよりその特徴を存分に感じさせてくれます!

音響核はRosen Circle/Chromeを装着すると金属楽器の重厚感が出てきてより生々しい表現になり、かつ現在の様々な録音の楽曲への対応力も上がるのでイチ押しの組み合わせです!

 

・おススメのイヤーピース

おススメはRK-Silver/PDと同様ですが、

JVC スパイラルドット

アコースティック音源をメインで音源の情報全てを引き出そうとするのであればスパイラルドットの右に出るものはそうそういませんね。

ですがその全てをさらけ出すという特性はマイクで空気の振動を録っていないものだと逆に聴きづらくなってしまうので注意が必要です。

 

SpinFit CP100シリーズ

在庫がある限りになってきてるみたいですが、

直接マイクで空気の振動を録音していないデジタル音でも良い感じに丸めて聴かせてくれるCP100は優秀です!

ただその分アコースティック音源の空気を余すとこなく再現。という訳にはいきません。。

 

final Etype

迫力重視でチューニングするならEタイプはおススメです!

軸の部分に溝が切ってあるのですが、これが振動の道標となり鼓膜に音がたたきつけられる感覚の要因になっていますよね。

カラバリも豊富なので、ご自身に合う帯域バランスの色と軸の色を見つけてみると良いかと思います!

個人的には楽器のパワフルさとボーカルもはっきり聴きたい時の黒に赤/ピンク軸、周りの楽器は控えめであっさり聴きたい時のクリアに赤/ピンク軸がおススメです。

 

ただいま8月31日までにこちらのRK-Silver/BSをご予約頂きますと

【Rosen Circle/Chrome】をプレゼントするKaiser Sound40周年企画を実施中です!

お手持ちのケーブルにRosen Circle/Chromeを装着するも良し。

RK-Silver/BSと相性の良いHP-196を一緒に購入してRosen Circle/Chromeを装着するも良しとお得な内容になっています。

 

初めてRosenkranzのシルバーイヤホンを使用するにはうってつけのRK-Silver/BSに是非ご注目ください。

基本的に週末の土日はe☆イヤホン秋葉原店の7階におりますので、是非このBSをご試聴ください!

 

他にも気になる事がございましたらお気軽にお問い合わせください!


Rosenkranz RK-Silver/RSについて【イヤホン解説】

Rosenkranz4作目となるこのRK-Silver/RS(Reference Standard)は様々な音源や環境下でもRSの良さを感じられやすいので、初めてRosenkranzのイヤホンを聴くという場合には是非このRSから聴いてほしい!という個人的にはイチ押しの機種になっています。

本体のサイズがPDよりも少し小さくなっているので装着感も良くなっています。

ショートホーンは共通のモノを使用していますが、PDのように完璧な方向性管理という点よりもアタックやスピード感に重きを置かれて設計されています。

より詳細な設計や製作意図についてはKaiser Sound ブログにてご確認ください!

 

・音質について

肝心なサウンドですが正に設計通りで、簡潔にまとめるとスピード感とパワフルさが同居しているストレートでエネルギッシュなサウンドに仕上がっています!

楽器ではエレキギターやベースのサウンドが一品で、その表現力は上位モデルのPDよりも鳴らす環境による影響を受けにくいという点で秀でていると言えるでしょう。

 

Rosenkranzの基本理念は再生機器は黒子に徹するというものであり、実際にその理念通りのリファレンスサウンドを実現しているが故に周りの環境の影響をモロに受けてしまう為、電子音系(特に最近の曲など)ははっきりとその生い立ちが伝わってしまうんですよね。

ですがこのRSはその辺も上手に気になる細部は隠して鳴らしてくれるというのが最大の特徴です。

音源の良し悪しを気にせずに昔の曲から現代の電子音系も対応してくれるのが嬉しいポイントです。

 

・おススメのケーブル

相方となるケーブルは個人的にRSの傾向を生かすという点でHP-195で音響核はRosen Hexagon/Chromeをチョイスすると、かなりアグレッシブな組み合わせになるのでおススメです!

更に音の芯の太さが欲しいというのであればHP-194が良いですね。

写真はHP-194にRosen Octagon/Chromeを付けています。

この組み合わせで聴くデスメタルが最高です!

 

・おススメのイヤーピース

現在は終了してしまったスピンフィットのCP100を付けています。

他にもfinal Etypeの赤、ピンク軸のクリア等もRSの特性と合っていておススメです!

 

勿論Rosenkranzなので再生機器としての実力はしっかり備わっていますので、アナログの生々しさという点はこのRSでも一切ぶれていません!

アコースティック音源なども十二分に鳴らしてくれるのは一聴すればすぐに感じられます。

アタックやスピードに主眼を置きながらも、世界中の音楽を鳴らすというRosenkranzの基本理念は外さないからこそ、このRSの絶妙なバランスのサウンドが誕生したんですね。

 

ちなみに価格が近いRK-Silver1との違いですが、主なところでPDと共通のショートホーンを使用、ドライバーとホーンの受けである台座部分に工夫を凝らしているRSは音飛びが良く、レスポンスがより正確な為ハイスピードサウンドとなっています。

比較するとRK-Silver1はゆったりした、余裕のあるサウンドになっています。

 

とにかくまずはこのRK-Silver/RSが1番一般受けするサウンドに仕上がっているのは間違いないので是非一度ご試聴ください!

※2020年7月1日現在はまだe☆イヤホンさんにはデモ機がないので私が店頭にいる際にお声がけ頂ければと思います!

Twitterにてe☆イヤホン秋葉原店の店頭に立つ際はその都度ご案内しておりますので是非フォローして頂けるとありがたいです!