Rosenkranzの音響核について【商品解説】

さて本日はRosenkranzが新しいオーディオジャンルとして発売した【音響核】をご紹介します!

Rosenkranzは今までも誰もチャレンジしてこなかった音の研究とその経験、更には全国の様々な状況下でのオーディオクリニックによる知見、また更にはAuto Rosenによる車のファインチューニングから得られたエネルギーの動きの研究など。。

これらの総合的なエネルギーの流れの研究、そこからどこをどう調整すると人の感性、つまり感動を引き出せるのか?をひたすら追いかけてきています。

 

そして今回は一般的にはケーブルの分岐部、スプリッターなどと呼ばれているパーツに着目しました。

ここが見た目だけでなく音に与える影響は計り知れないものがあると睨んだ貝崎氏はRK-Silver1に合わせるケーブルとして既にHigh Endシリーズとして八角形と長方形の音響核を開発していました。

ですがこの時のものはそれぞれHP-K’s Blood,HP-K’s Element専用の基本設計だったので後付けが出来なかったり、価格もそれぞれ5万と10万と高額なものでした。

 

その後他のケーブルにも後付け可能、手に取りやすい価格という事で真鍮にクロームメッキ、金メッキに形状を丸形、六角形、八角形と計6種類を開発しました。

 

素材の違いによる音の違いはポータルオーディオ界隈でもスタンダードな認識になってきましたが、この形状の違いによる音の違いを前面に出してグレード差をつけているのは見たことがないので、その違いを知るにも貴重な製品になっています!

一度この違いを体験してしまえば、様々なケーブルの分岐部、スプリッターの材質や形状が気になってしまう事でしょう。

そしてなぜRosenkranzがこのパーツを音響核と名付けたのか、その理由も感じて頂けるかと思います。

 

それでは一つずつ紹介していきます。

Rosen Circle/Chrome

・Rosen Circle/Chrome (税抜き¥9,000‐)

一番手ごろな丸形のクロームメッキタイプです。

装着後は一気に楽器やボーカルの実体感、リアルさが増し、良い意味で楽器本来が持ち合わせている重厚感が正しく表現されています。

丸形なので音全体のまとまりが良く、音源も気にせず使用できるのが良いですね。

手ごろですが個人的には現代のポップスやロック等はこの丸形クロームメッキがちょうど良いと感じます。

初めて音響核を試してみたいという方にもおすすめです!

Rosen Circle/Gold
・Rosen Circle/Gold (税抜き¥15,000‐)
同じ丸形でも金メッキはクロームよりも柔らかい金属という事と金の特性も相まって音の余韻の表現が素晴らしく、アコースティック音源やライブ音源等は空気感の再現力が格段にUPします。
組み合わせもありますがメタルだと余韻の柔らかさが出てきてしまう所もあります。
・Rosen Hexagon/Chrome (税抜き¥11,000‐)
6種類ある中で一番キレが良く、音の頭がはっきり見えてきます。
その分余韻の表現はあっさりしているのでテンポの速い曲などはキレ良く、よりスピード感を感じやすい印象です。
また丸形よりも角に向かってエネルギーが抜けていくので音の広がりを感じられます。
装着したときに一番違いが分かりやすいものだと思います。
今の眠い音に悩まれていたり、キレが良い方向に調整したい時に使用すると効果抜群だと思います!
・Rosen Hexagon/Gold (税抜き¥18,000‐)
六角形のキレは感じさせつつも金メッキの余韻の美しさも感じられるようになり絶妙なバランスのサウンドです。
特にアコースティックなものはメリハリを効かせたような鳴り方になり、新鮮な印象を受けます。
・Rosen Octagon/Chrome (税抜き¥13,000‐)
形状が八角形になったことで一気に音の展開が立体的になり臨場感あふれるサウンドに変貌します。
丸形のようなまとまりの良さ、六角形のキレの良さも持ち合わせ、更に余韻の表現の美しさも加わった贅沢なサウンドです。
一言で言ってしまえば生々しさや音楽の躍動感のレベルが一気に上がる印象です。
音源も選ばず現代の打ち込みメインの曲からアコースティックものまで幅広く対応する懐の深いサウンドです。
・Rosen Octagon/Gold (税抜き¥21,000‐)
八角形のサウンドステージと金メッキの美しく繊細な余韻の表現が相乗効果でとんでもないことになります。
特にアコースティックやライブなど録音が良いものは【次元が違う】と感じさせるほどの表現力を備えています。
あるがままのサウンドでオーディオの特性云々ではなく、自然体で音楽を楽しめるそんな雰囲気を醸し出していますね。

 

幅6.3mm以下、高さ4.4mm以下のケーブルであればRosenkranz製品以外に使用することも可能です。

取り付けるケーブルによって変化の度合いはまちまちですが、効果はしっかり感じられます。

 

ネジ一本で固定するタイプですので是非お気軽にお問合せ、お試し頂ければと思います!

 

平日の夕方、週末はe☆イヤホン秋葉原店におりますので是非お声がけください。

Rosenkranz HP-190シリーズについて【イヤホンケーブル解説】

今回はRosenkranzの新作のケーブルHP-190シリーズをご紹介します。

本題に入る前にRosenkranzの新作とはつまり代表である貝崎氏の40年以上の研究結果が集約されていますので、完成度がとてつもない次元になっています。

その度にRosenkranzの製品は進化と深化を繰り返していくのです。

 

名前の由来は1960年代前後の電気がきれいな環境で更に音楽の宝庫と言われる当時の演奏と録音技術の素晴らしさを、もっと多くの人達に知って貰いたいという想いから来ています。

更に末尾の数字はそれぞれの線材の太さを表しています。

HP-196=AWG26 HP-195=AWG25 HP-194=AWG24

 

それでは具体的にこの新しいリケーブルであるHP-190シリーズはどうすごいのか?という部分を見ていくとやはり基礎である部分が徹底的に設計された音の立ち上がりと余韻の表現力がずば抜けています。

 

シンプルな4芯構造なので音に関わる項数が少なくなります。

その為長さ調整、撚りピッチの調整等調整の結果がストレートに音に反映されます。

「電気の時間軸」と「振動の時間軸」の完成形を目指すべく製作されたこのHP-190シリーズのレスポンスの正確さは完璧です。

線材の太さが違うとタイミングが微妙にずれてきてしまうのでそれぞれ撚りピッチと1mm単位での長さの調整でこのレスポンスの正確さを実現しています!

 

ケーブルの配色もRosenkranzの音の基本配色である緑赤黒と白を使用しており、バランス良く、かつ懐の深い音色に仕上がっています。

 

基本的で重要な部分は共通で線材の太さでグレードが分かれています。

 

それでは一つずつ紹介していきます。

◎音質について

・HP-196

価格としては一番下のモデルで上位モデルと比較をしてしまうと音の線の細さは感じられますが、軽快さやテンポのキレの良さという点は上位のモデルよりも勝っているように感じられることもあります。

開発者の貝崎氏が言う通り、音響核のRosen Circle/Chromeとの組み合わせが私もおススメです。

細身ならではの軽快な表現力にプラスで音響核の楽器の重厚な響きやアタックの鋭さが付加されるのでオールマイティーなケーブルとなります。

更にはケーブルの取り回しも線が細く、4芯構造なのでRosenkranzのイヤホンケーブル中でもトップクラスに良いです!

 

Rosenkranzは音は良いけど取り回しの部分で敬遠していた方は是非このHP-196をお試しください!

Rosenkranzは基本的に音を第一で設計されており、この硬さでないと出ないサウンドを体験してしまえば多少の取り回しの悪さも気にならなくなってしまうでしょう。

 

 

・HP-195

ちょうど中間に位置するこのモデルは音質についても中間のバランスが取れたサウンドです。

音響核なしでもHP-196よりも芯が太いサウンドで物足りなさは全く感じさせず、ドラムのアタックのインパクトからシンバルの余韻まで綺麗に聴かせてくれます。

音響核を付けると更に楽器の生々しさが付与されるので良いですね。

個人的にはRosen Hexagon/Goldのキレの良さを持たせつつも余韻も綺麗に聴かせてくれるバランスが良くマッチすると感じますのでおススメです!

 

・HP-194

AWG24の太さなのでポータブルで使用するには難しい太さと硬さになりますが、その分音のスピード感とパワフルさはシリーズ随一の表現力です!

音響核なしの素の状態でもドラムの弾けるサウンドは一級品ですが、Rosen Octagon/Chromeを付けて聴くと生々しさと程よいタイトな感じもあり良くマッチしているのでおススメです!

アコースティック音源メインで聴かれる方は圧倒的な余韻の表現力を持っているRosen Octagon/Goldがイチ押しです!

キレの良さに特化させるという事であればRosen Hexagonも選択肢に入ってくるかと思います。

このように音響核の選択肢の幅も広がるのがHP-194の嬉しいけど悩ましいポイントですね!

 

また、どういう工夫が施されているか詳しく知りたい方はKaiser Sound ブログをチェックしてみてください!

 

開発者の貝崎氏はケーブルはオーディオの基礎基本!と普段お話しされていますが、実際にケーブルは様々なエネルギーを伝達する橋渡し役なので当然重要なのは間違いないですよね。

 

とにもかくにも先ずはこのHP-190シリーズの音を聴いてもらうとRosenkranzが何を目指しているのか認識してもらえますので是非一度ご試聴下さい!

※e☆イヤホン秋葉原店にて私が店頭に立つ週末であればご試聴頂けますのでお問い合わせください。