Rosenkranz Bluetooth chip使用例【SOUNDSOUL E1】

今回はSOUNDSOUL E1Bluetooth chipの使用例をご紹介します。

先ずは今まで通りのオーソドックスな全体のバランスを底上げする貼り方から。

この位置と向きだと元の状態から更に各楽器やボーカルの存在感が増してメリハリが付きます。

余韻の表現力も上がっています。

少し分かり辛いのですが、ケースに収めると上部の位置にきますね。

 

また音の頭の部分によりフォーカスした貼り方はこちらです。

音の出口に向かって一気に放出されるので、貼った時の変化は一番大きく感じやすい位置と向きになります。

音にインパクトが欲しいという方は是非一度こちらをお試しください。

 

このE1は元からの音がとても素直で価格もTWS03Rの良いライバルだと思います!

比較すると3.9gという本体の軽さを活かした綺麗に音が広がっていく印象で、音の頭の表現が得意なTWS03R、音の後半の余韻が得意なE1という関係ですね。

 

個人的にはメインはこのSOUNDSOUL E1一本でも全然問題ないレベルのサウンドとスペックなのでまだ聴いたことがないという方は是非一度聴いてみて下さい!

そしてその素直なサウンドの分Rosenkranz Bluetooth chipの効果もわかりやすいので是非お試しください!

Rosenkranz Bluetooth chip使用例【Sabbat X12Ultra】

Sabbat X12UltraBluetooth chipの使用例をご紹介します。

ケースにはめた状態だと分かり辛いのですがお互い向き合うような位置になります。

頭の部分から見るとこの辺りです。

 

Sabbat X12は以前のX12Proの頃から実は音が抜群に良いなと思い注目していたのですが、オープン型故に遮音性が低い、耳の形状によってフィット感が良くないという通勤通学で使用するにはデメリットがある機種になるのでそこまで注目されていないようですね。

 

ですが、その分メリットとしては音抜けが自然で聴き疲れの少ない音。

遮音性が低いので再生ボリュームによりますが周りの音がある程度入ってくるのでながら聴きとして使えるという所になりますよね。

 

個人的には電車の中でも小音量で使用する分にはアナウンスもしっかり聞こえるのでオープン型でも外で使用するには全然ありなのでそこまで気にならないです。

 

音質ですがオープンの解放感があるサウンドでありながら、逆にオープン型にありがちな音の薄さ、余韻の少なさという欠点(ここはボリュームを上げると刺さる音が出て来るのでわかりやすいところだと思います。)も見事に感じさせないバランスの良いサウンドです!

 

そこにBluetooth chipを装着すると音の頭がしっかり見えるように、かつ余韻の表現力も上がるのでより音楽の抑揚、味わい深さを感じられるようになります。

再生機としての実力がしっかり備わっている為、完全ワイヤレスイヤホンとしては珍しくアコースティック音源の方が得意なのですが、デジタル音源でもキツさをうまくいなしてくれるので聴く音源には困らないかと思います。

ただその分インパクトがあるサウンドではないという点も含めで玄人向きな製品なのは間違いありません。

 

個人的には隠れた名機なのでまだ試したことがない方は是非一度お試し頂きたい製品です!

Bluetooth chip使用例【SENNHEISER MOMENTUM True Wireless 2】

SENNHEISER MOMENTUM True Wireless 2のRosenkranz Bluetooth chipの使用例のご紹介です。

本体の内側やや下の辺りがおススメです。

 

ケースにはめた状態だとこの辺りです。
ケース、通信ともに干渉しない位置になります。

 

前身のMOMENTUM True Wirelessからその音質の良さで人気があるモデルですよね。

2になりその音質は更にSENNHEISERの高級機特有のやさしい余韻の表現が感じられ聴き疲れが少ない音作りになっています。

ただ個人的にはホールの一番後ろで聴いているような感覚でもう少し前でダイレクトに音を楽しみたいなと感じていましたがそれはBluetooth chipが解決してくれます。

貼り付け後はちょうど良い距離感になりました!

色々な人気機種に試してきた中でこのMOMENTUM True Wireless 2はBluetooth chipとの相性はベストマッチでした!

 

この機種を使用されている方は音質にこだわりがあって使用されているかと思われますので是非RosenkranzのBluetooth chipをお試しください!

 

Bluetooth chipの貼り付け方についてはこちらの記事をチェックして下さい。